大仏こばち。 かぐや様は告らせたい75話感想 大仏のお膳立て

大仏こばち (おさらぎこばち)とは【ピクシブ百科事典】

大仏こばち

CV: 概要 大仏(おさらぎ)こばちとは、の登場人物。 秀知院学園の風紀委員であり、伊井野ミコの幼馴染にして親友。 伊井野ミコの事は「ミコちゃん」と呼び、伊井野からは「こばちゃん」と呼ばれている。 人物 普段は大きな丸メガネをかけておでこを出して、長い髪を軽くまとめたおさげ髪をしている。 の幼馴染として何くれとなく彼女を助けており、伊井野の最大の理解者。 伊井野は何かあるとすぐに彼女に相談する為、伊井野の勘違いを聞いて驚愕するツッコミ役でもある。 伊井野が敵視しているについては、陰湿ないじめに似たいじり方をされていた伊井野を陰ながら助けていたことを知っており、彼の事も人間として好意を持っている。 その為、高等部一年の間で流れている石上のストーカー疑惑については懐疑的であり、伊井野の様な責任感からではなく、純粋な好意で石上のフォローに回ることもある。 異性としてもやや意識しているそぶりがあるが、その一方でカップリングとしては「石つば」派であり、石上とをくっつけるために裏で様々な策を弄しており、石上と伊井野がくっつきそうになると、すぐさま策を打って二人がくっつかないように行動している。 伊井野と同じくオタク趣味の人間でもあり、作中では「 大仏さんレベルの美人がオタクって意外」と言われている。 上記の科白にもある通り、普段の恰好はいわば変装のようなもので、作中で直接描写されたことはないが眼鏡の下の姿は相当な美少女。 描写されていないだけで学校の外には他校の男子生徒が彼女への出待ちの行列を作っているほど。 その美人ぶりは、「今更母親に返すわけにもいかないし」と言っても、嫌味には聞こえないほど。 素顔で美人であるからか男女交際の経験は結構あり、「女同士で文化祭を回るなんてダサい」という理由で女子人気の高い三年の風野先輩と付き合う等、結構肉食系な所がある。 過去 両親ともに芸能人であり、本人も幼少期は人気として活躍していた。 しかし親の不倫スキャンダルや、周囲の嫉妬ややっかみが負担となり、次第に自らの容姿を疎むようになる。 眼鏡におさげという地味な装いも、本人なりの自衛の手段と考えられる。 周囲から孤立していた時期、子安つばめに出会い助けられたことで、こうしたコンプレックスにもそれなりに折り合いをつけられるようになった様子。 こうした経緯もあって、現在はつばめと石上の交際を応援する立場へと回っている。 秀知院学園難題女子 秀知院学園の中でも生徒会のメンバーに並ぶほどの美少女たちであり、同時にそれぞれ様々な問題が絡んでおり、告白する事にも相当な勇気がいる美少女たちの事。 大仏以外では以下の三人がいる。 三年: 二年: 一年:不知火ころも 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

かぐや様は告らせたい75話感想 大仏のお膳立て

大仏こばち

伊井野ミコの相棒の メガネ少女やっと氏名が判明しました。 大仏こばち! 今週はそんな大仏が、体育祭で 石上優が果たしてどうなるのか期待と不安を存分に煽ってくれました。 週刊ヤングジャンプ 赤坂アカ かぐや様は告らせたい75話 「大仏こばちは取り締まりたい」 大仏は「 おさらぎ」と読むそうで、ちゃんとおさらぎで大仏と変換できました。 知らなかったなあー。 でも「おさらぎ」と覚えられる自信がなくてなんか結局「 だいぶつ」としか覚えられなさそうな予感。 大仏で小鉢っていうのはちょっとかわいい名前です。 しかし彼女は メガネを外した素顔はまだ見せてくれませんでした。 素顔はずっと出ないパターンかなあー。 大仏は伊井野とコンビで 風紀委員の校内見回りを実施して、校内のいつもの面子と風紀取り締まり対決を繰り広げます。 しかし伊井野はあまりに不器用で(大仏からはザコと言われる始末)、全然取り締まれません。 早坂には煙に巻かれてしまいます。 そして私がちょっと期待してた伊井野と 柏木渚との初対決が実現しました! 柏木に言いように手玉に取られて、この漫画の流儀っぽく言えば、「 本日の勝敗、伊井野の惨敗」です。 柏木は自分が有利なときだけはかなり強キャラになるなあー。 伊井野は早坂にも柏木にもテーブルゲーム部の 藤原にも勝てませんが、唯一楽勝で勝てるのが石上です。 というか石上はやっぱりわざと伊井野に構ってもらおうとしてるんでしょうか? それどころか わざと取り締まられてあげて伊井野を勝たせてあげてるようにすら見えます。 その様子を見ていた 一年女子モブは石上をかなり嫌っているようで、ここで大仏の視点から中学の石上がどうたったのかが語られます。 石上の過去が明かされるのは初めてでしたっけ? 何やら ものすっごく訳アリな感じで、石上は あえて汚名を被って不登校も転校もせず孤独に戦ってもがいているかのような感じです。 石上自身もその心の内を同じクラスの応援団女子 小野寺に少しだけ話しています。 小野寺も石上を嫌悪している派なのでしょうが、何かを思ったりするでしょうか? 大仏は「石上は悪い奴ではない」と感じ取っているようですが、彼女は基本的にいつも 傍観者で、伊井野が校内で嘲笑の的になっていたときすらも 何もできずにいた子です。 しかし今回は、自ら 応援団団長と 副団長に声をかけて石上をフォローしてあげようと少しだけ行動することができました。 ただ…このシーンめちゃくちゃ不安です。 大仏「石上は遊び半分で応援団入った訳じゃ無いと思うので…その…」 団長「言われなくても見てりゃ分かるって」 副団長「大丈夫上手くやるから任せておいて!」 大仏は「石上を助けて」という意志をしっかり言葉で伝えられてないし、副団長は 何を上手くやるのか言ってません。 超不安! やっぱり応援団 ウェイ軍団は石上をいじめて恥をかかせて 血祭りにあげようとしているのでは?という以前からの疑念が晴れません。 団長と副団長が 顔無しモブキャラデザというのも怖いし。 これは逆に言えば 顔がある小野寺は何か重要な役どころがあるのかと期待できるところでもありますが。 校内の嫌われ者だった伊井野は石上たちのおかげで救われましたが、今度は「石上にとって忘れられない体育祭」で彼は生徒たちから傷つけられ、そして伊井野たちに救われるのでしょうか? この予想は私の考えすぎの勘違いでむしろ外れて欲しい…。 そして次回はようやく 体育祭開催です。 何が起きるのか固唾を飲んで見守るのみ。 大仏は見事に体育祭への不安と期待をお膳立てしてくれました。 あ、そういえば今週は かぐやも 白銀も全く出番無しでした。

次の

アニメ「かぐや様は告らせたい」2期の声優の総まとめ 大仏こばちは誰?

大仏こばち

6月6日生まれ、B型。 ミコと共に風紀委員を務めています。 大きな丸メガネに黒髪おさげが特徴。 大人しそうな見た目とは裏腹に、文化祭を「 女友達で回るのがダサい」という認識を持っていたり、「 論理的に考えてオトコ要るでしょ?」と発言したりと、柏木とは別ベクトルで 肉食系女子の片鱗を見せています。 さらには 学業の成績も石上レベルでそれほど良くないというギャップも。 ミコや石上の本質を見抜いていたり2人のことを周りに対してフォローするなど、洞察力や気配りに長けている人物でもあります。 スポンサーリンク 【かぐや様は告らせたい】誰もが認める絶世の美女だった! 大きな丸メガネをかけている大仏。 見るからに地味な印象の彼女ですが、 実はヤンジャン始まって以来の美少女だという噂も…。 先述のオタク疑惑に関しても、小野寺が「 大仏さんレベルの美人がオタクってちょっと意外」とギャップを感じていたことに読者は驚かされました。 大仏がオタクと言われればまったく違和感がないですが小野寺が口にしたのはその逆で、さらに「 大仏さんレベルの美人」という言葉に何よりも驚きを隠せませんでしたね。 やはり 光が反射されたこの丸メガネがポイントなのでしょう。 漫画における丸メガネは地味系女子のアイテムだと思い込んでいましたが、大仏の丸メガネは現実世界のモデルが着用しているオシャレアイテムのようなものなのかもしれません。 このメガネの中にどんな瞳が隠されているのか期待が膨らみますが…果たして素顔を見ることはできるでしょうか。 スポンサーリンク 【かぐや様は告らせたい】団長と別れた理由は? 大仏に関して最初に驚かされたのは、ミコも石上も読者も知らぬ間に 応援団の団長と付き合っていたこと。 そして再び驚かされたのが、 いつの間にか別れていたということ。 別れた理由を大仏は「 頭も性格も良かったけどノリが合わなかった」と語っています。 まあ「 試しに付き合ってみる?」という感じの始まりだったので、文化祭・クリスマスのお試し期間が終了し継続は無かったということでしょう。 軽々とくっつく別れるしてみせるあたりにも、モテ女の風格が漂っていますよね。 今後も気づけばまた誰かと付き合っているかもしれない、そんな大仏の恋愛事情にも密かに注目です。 スポンサーリンク 【かぐや様は告らせたい】大仏が気付いたミコの恋心 ミコと石上を見てきて、2人の良い部分・似た部分や仲の悪さを知っている大仏。 その中で、文化祭やミコの骨折を通じて ミコの石上への気持ちに変化が生じ始めていることにも気づき始めていました。 見守っていた大仏ですが、小野寺の質問でミコが石上に対する自身の気持ちの変化を自覚する様子を見せます。 「 なんだろ…」とまだ自分が抱えている気持ちが理解できず戸惑いの表情を見せるミコに、小野寺は それを恋心だとはハッキリは言わず、背中を押してあげるような発言をしました。 対し大仏は「 あーあ。 これは悪手だ。 よくない」と心の中で呟いていたのです。 スポンサーリンク 【かぐや様は告らせたい】友人としてミコが心配? ミコの気持ちの変化について「 そろそろ気づいちゃう」とよく思っていない様子の大仏。 幼少からの親友でミコの成長を願っているはずの大仏が、何故彼女の変化を否定しているのでしょうか。 それは恐らく ミコを心配しているからだと考えます。 しかしかねてより描かれていますが、 石上は完全につばめ先輩ひとすじ。 石上がミコに優しくしているのは骨折をさせた責任感・義務感からの行動であり、その優しさに愛は無いのです。 その優しさの中で気持ちを変化させているザコいミコ自体も心配なわけですが、 ミコのことですからこのままだと石上に依存してしまう可能性があり、かつ「つばめ先輩に恋している石上」にひたすら耐えてしまう可能性があると思うんですよね。 それは両親不在をひとり耐えてきたミコそのままであり、例え恋という新たなステージに立ったとしてもミコの人間性は変わらないということ。 大仏からすれば、石上がミコの面倒をみているこのタイミングに近づけさせようとする小野寺のフォローは「過保護にしすぎて成長のチャンスを奪って」いるもので「悪手だ」と感じていたのではないでしょうか。 「 そろそろ気づいちゃう」という言葉の裏には、 ミコがまだ精神的に成長していないまま恋心を抱いてしまうことへの危惧があるのだと思います。 いやもうただ見守っててあげろよ!とは思いますが、ミコのことを熟知しているからこそ、 大仏だからこそ生まれる気持ちなのではないでしょうか。 スポンサーリンク まとめ 大仏こばちは 「かぐや様は告らせたい」イチどころかヤンジャンイチとも噂される美少女でした。 石上だけは納得していない様子ですが。 顔出しがないため美女として真面目に読めば良いのかそういうギャグとして読めば良いのかいまいち分かりませんが、 洞察力や気配り、恋愛観などから人間的に大人びているという印象はありますよね。 だからこそミコの精神的幼さがより引き立つわけですが、「 自分もミコ離れしなくては」という発言からみるにもしかしたら大仏自身もそんなミコと見守る自分という関係に依存し続けているのかもしれません。 大仏の名の由来は石作皇子がかぐや姫に要求された「仏の観石の鉢」のようですので、石作皇子であるミコにとって欠かせない存在。 裏ヒロインとしてのミコの動向から目が離せませんが、その裏でミコにとっての大仏・ミコに対しての大仏にも是非注目して読んでいきましょう。

次の