ストレンジ シチュエーション。 ストレンジシチュエーション法

ママたちへのメッセージ §2 子どもの人格となる愛着の個性

ストレンジ シチュエーション

気の弱い警察官。 闇ギャンブルにハマる。 その警官の拳銃自殺から、始まる。 その警官が殺人事件の犯人と推定された。 楯岡絵麻と西野刑事は、真犯人を突き止めようと努力する。 西野のキャバクラ好きは、病気なようなものだ。 なだめ行動、マイクロジェスチャーをキャバクラ嬢に教える。 ウイリアムシェルドンの類型学の知見。 倉林の体型は、やや細身だが、肩と胸がしっかりと盛り上がっており、筋肉質と言える。 中胚葉型。 果たして、これで、性格まで判断できるのか? 血液型の性格決めと似ている。 ロバートマートンの「予言の自己実現」 「ある状況が起こりそうだと考えたその人たち自身によって、その状況が実現されてしまうという考え方」 パートナーに浮気を疑われている人は、そうでない人より浮気に走りやすい。 マッチング仮説とは、「人は身体的な魅力が釣り合った相手をパートナーに選ぶ」とする仮説。 釣り合い仮説。 姉と妹は、同じ男に惚れてしまうが、性格で マッチング仮説が働く。 内胚葉型ぽっちゃり。 依存的、独りよがりな、気取った。 くつろいだ。 愛想のいい。 社交的。 女優は、本当に完璧な顔立ちというのは印象に残りにくい。 ほんの少し欠点があったほうが認知的不協和を引き起こし、人目を引きつける。 印象にも残る。 マッチング仮説で自分の釣り合う容姿のメンバーを応援する。 単純接触効果。 風采の上がらない容姿をしているからこそ、マイナスからの加点評価になるゲイン効果。 好評価をまた聞きすることで、他の子が好きな異性への評価が自分でも上がってしまうウインザー効果。 性的魅力は、絶対評価ではなく、相対的評価に過ぎないし、恋愛感情なんて、錯覚の積み重ね。 事件の現場は、心理学の臨床である。 楯岡絵麻の動きは、派手さがないが 心理をめぐる攻防とも言える。

次の

ストレンジシチュエーション法

ストレンジ シチュエーション

気の弱い警察官。 闇ギャンブルにハマる。 その警官の拳銃自殺から、始まる。 その警官が殺人事件の犯人と推定された。 楯岡絵麻と西野刑事は、真犯人を突き止めようと努力する。 西野のキャバクラ好きは、病気なようなものだ。 なだめ行動、マイクロジェスチャーをキャバクラ嬢に教える。 ウイリアムシェルドンの類型学の知見。 倉林の体型は、やや細身だが、肩と胸がしっかりと盛り上がっており、筋肉質と言える。 中胚葉型。 果たして、これで、性格まで判断できるのか? 血液型の性格決めと似ている。 ロバートマートンの「予言の自己実現」 「ある状況が起こりそうだと考えたその人たち自身によって、その状況が実現されてしまうという考え方」 パートナーに浮気を疑われている人は、そうでない人より浮気に走りやすい。 マッチング仮説とは、「人は身体的な魅力が釣り合った相手をパートナーに選ぶ」とする仮説。 釣り合い仮説。 姉と妹は、同じ男に惚れてしまうが、性格で マッチング仮説が働く。 内胚葉型ぽっちゃり。 依存的、独りよがりな、気取った。 くつろいだ。 愛想のいい。 社交的。 女優は、本当に完璧な顔立ちというのは印象に残りにくい。 ほんの少し欠点があったほうが認知的不協和を引き起こし、人目を引きつける。 印象にも残る。 マッチング仮説で自分の釣り合う容姿のメンバーを応援する。 単純接触効果。 風采の上がらない容姿をしているからこそ、マイナスからの加点評価になるゲイン効果。 好評価をまた聞きすることで、他の子が好きな異性への評価が自分でも上がってしまうウインザー効果。 性的魅力は、絶対評価ではなく、相対的評価に過ぎないし、恋愛感情なんて、錯覚の積み重ね。 事件の現場は、心理学の臨床である。 楯岡絵麻の動きは、派手さがないが 心理をめぐる攻防とも言える。

次の

ストレンジシチュエーション法とは?愛着(アタッチメント)の型とは?

ストレンジ シチュエーション

) ・ ・ 生後1年または1年半くらいまでを乳児期と呼びます。 初語や歩行・離乳がその終期を示す一般的特徴とされます。 原始反射 生後4~5か月の正常な新生児おいて特徴的に観察される反射的行動を総称して、原始反射とよびます。 これらには、口腔内の触刺激による吸啜反射、手掌や母趾球を指で圧迫すると屈曲が見られる把握反射などがあります。 生まれて間もない子どもは、これらの反射的な行動によって外界に反応しながら、適応的な行動を発展させていきます。 他にも、ドイツのモロー(Moro,E. )により報告されたモロー反射があります。 赤ん坊の背中と頭を支えて仰向けにした状態で、上体を数cm上方に起こし、手で支えながら急に頭部を落下させると、両手と両足を左右対称的に外側に伸ばし、それに続いてゆっくりと抱き込むような上肢の運動が観察されます。 このような動作をモロー反射といいます。 同様の動作は、頭部の落下だけでなく、大きな音や、赤ん坊の寝ているベッドに強い振動を与えることによっても引き起こすことができます。 この反射は、誕生後およそ3カ月頃から消失し始めます。 反射が出現するべき月齢にそれらが観察されなかったり、消失するべき月齢になっても残存している場合は、何らかの中枢性の障害が考えられます。 また、足の裏の外縁をゆっくりと踵からつま先に向かってこすることによって、母趾が背屈し他の4趾が開くバビンスキー反射という反射もあります。 これは、成人では普通みられないため病的反射とよばれます。 ストレンジシ・チュエーション法 乳児期からそれに続く幼児期にかけて、母親を代表とする養育者との間で特別な関係性が築かれていきます。 例えば、多くの赤ん坊は生後6,7カ月になると、母親以外の人との関わりを避けるような仕草が見られるようになりますが、ここからは母親とそれ以外の人とが区別され、母親との間に他の人とは違った関係性が築かれたことがうかがえます。 このような特定の対象に対する特別の情緒的結びつきのことを、ボウルビィ(Bowlby,J. )は愛着と名づけました。 この時期の良好な母子関係が、その後の人格形成や精神衛生の基盤になるとされています。 乳児期の母子間の情愛的結びつきの質を観察し測定する方法として、エインズワース(Ainsworth,M. )のストレンジ・シチュエーション法が知られています。 ストレンジ・シチュエーション法は、人みしりの激しい満1歳時の乳児が、母親と見知らぬ部屋(実験室)に入室して見知らぬ人物(実験者)に会い、母親はこの人物に乳児を託して退室して、しばらくしてまた戻ってくるというもので、全体で下の8つのエピソード場面からなります。 実験者が母子を室内に案内、母親は子どもを抱いて入室。 実験者は親に子どもを降ろす位置を指示して退室。 母親は椅子にすわり、子どもはオモチャで遊んでいる。 ストレンジャーが入室。 ストレンジャーは空いている椅子にすわる。 1回目の母子分離。 母親は退室。 ストレンジャーは遊んでいる子どもにやや近づき、働きかける。 1回目の母子再会。 母親が入室し、ストレンジャーは退室する。 2回目の母子分離。 母親も退室し、子どもはひとり残される。 ストレンジャーが入室。 子どもをなぐさめる。 2回目の母子再会。 母親が入室し、ストレンジャーは退室する。 一連の流れの中で、母親との分離後や再開時などの様子から子どもの愛着の質を探ります。 その結果はいくつかの群に分類されます。 A群は、親との分離時に泣いたり混乱を示したりすることがなく、再会時に母親を避け、親を安全基地として利用することがほとんどない、回避型と呼ばれる一群です。 B群は、分離時に多少の泣きや混乱を示すが、再会時には親に身体的接触を求め、容易に落ち着く一群で、親を活動拠点(安全基地)として積極的に探索行動を行うことができ、安定型と呼ばれます。 C群は、分離時に非常に強い不安や混乱を示し、再会時は身体的接触を求める一方、親を叩いたり怒りを示したりと両価的にふるまう一群です。 親から離れず、親を安全基地として安心して探索行動を行うことができず、両価型とされます。 これらの群の他に、母親に接近し始めたものの途中で立ち止まり床にひっくり返って泣き出したまま近づくことができないなど、効果的でない方法で母親への接近を求め、その行動に整合性や一貫性がない未解決型と呼ばれるD群があります。 一般的にBタイプは安定型、A、Cタイプは不安定型と捉えられますが、いずれも個性の範囲であり、病理性を示唆するDタイプとは区別されます。 <参考文献>• 子安増生・二宮克美(編) 2004 キーワードコレクション 発達心理学[改訂版] 新曜社• 西川隆蔵・大石史博(編)2004 人格発達心理学 ナカニシヤ出版 関連問題 関連ページ• 乳児期•

次の