ご無沙汰 し て ます 意味。 「ご無沙汰しております」の意味や使い方、期間、返事、目上の人に使える?

「ご無沙汰しております」の意味と正しい使い方 【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】

ご無沙汰 し て ます 意味

公開日: 2018. 20 更新日: 2018. 20 「ご無沙汰しております」の意味や使い方、期間、返事、目上の人に使える? 「ご無沙汰しております」という言葉をご存知でしょうか。 「ご無沙汰しております」は久しぶりに会う相手に対して使う言葉です。 日常生活においても、ビジネスシーンにおいても使うことが多い表現となります。 では、「ご無沙汰しております」の意味についてしっかりと理解しているでしょうか。 だいたい使い方はイメージできますが、正しく使えているかというと不安ですよね。 正しく使うには、意味についてしっかりと知っておくことが必要です。 そこで今回は「ご無沙汰しております」の意味や使い方、期間、併用できる言い回しについて解説していきます。 適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう! 期間は?目上に使える?電話は?「ご無沙汰しております」の意味と使い方 「ご無沙汰」は「長らく、相手を訪問しなかったり、便りをしないままでいたりすること」です。 「ご無沙汰」は相手を敬って、その人の「無沙汰」を丁寧に表した語となります。 「ご無沙汰しております」とすることで「 長い間、連絡せずに申し訳ありません」という意味になります。 「ご無沙汰しております」は相手と久しぶりに会ったり、連絡をした際に使うことができます。 長い間、連絡していなかったことを詫びる気持ちが込められています。 「ご無沙汰しております」は、期間は具体的には決まっていません。 人それぞれ「ご無沙汰しております」の期間は異なりますが、だいたい 2〜3ヶ月かそれ以上連絡に間が空いた場合に使うのが適します。 半年から1年以上間が空いている場合は、「久しく」「大変」といった言葉を伴って使うのが良いです。 数週間、1ヶ月程度会っていない場合に使うのは適しません。 「ご無沙汰しております」は「連絡するべきなのにできずにいた」と自分がへりくだる気持ちが含まれているので、 目上の人にも使える敬語です。 電話、メール、手紙など幅広く使える表現となります。 年賀状においても、久しぶりに連絡する相手に使うことができます。 「ご無沙汰しております」の例文 「ご無沙汰しております」の例文を紹介します。 ・久しくご無沙汰しております。 しばらく連絡ができず失礼いたしました。 ・すっかりご無沙汰してしまいました。 その後、いかがお過ごしでしたか。 ・大変ご無沙汰しており、本当に申し訳ございません。 ・本当に長い間ご無沙汰しております。 ・大変ご無沙汰しております。 本来ならこちらからお伺いするべきところ、申し訳ありません。 ・しばらくご無沙汰しておりましたが、その後お変わりありましたか。 私は元気に過ごしております。 ・半年前に行われたセミナーでお会いして以来となります。 長らくご無沙汰しております。 「ご無沙汰しております」と類語「お久しぶりです」の違い 「久しぶり」は「前にあることをしてから、再び同じことをするまで長い時間がたっていること」です。 「お久しぶりです」とすることで、「 前に連絡や対面してから、長い時間がたちましたね」という意味になります。 「お久しぶりです」には「また会うことができて、嬉しい」といった、喜ぶ気持ちが含まれています。 例えば、「先生、お久しぶりです」「お久しぶりです。 元気に過ごしていましたか」と言えます。 「ご無沙汰しております」には期間が空いていたことに対してのお詫びの気持ちが含まれますが、「お久しぶりです」にはそういった意味は含まれません。 また、「ご無沙汰しております」よりも「お久しぶりです」の方がカジュアルな印象を与えます。 「お久しぶりです」は同等や目下の人にも使うことができます。 「お久しぶりです」は丁寧な言い方ですが、気軽に使える言葉となります。 目上の人に対して使うには、「ご無沙汰しております」が適切です。 例文 ・お久しぶりです。 ・お久しぶりです。 私は変わらず、元気に過ごしています。 ・こちらこそお久しぶりです。 「ご無沙汰しております」への返事 相手からメールで「ご無沙汰しております」と言われることがよくあります。 そういった場合は「こちらこそ、ご無沙汰しております」と返すのが良いです。 まずはじめはご無沙汰していたことに対して、自分も詫びるようにします。 敬語なので、相手に失礼な印象を与えることなく使うことができます。 「ご無沙汰しております」の返事としては、 ・こちらこそ、ご無沙汰しております ・こちらこそ、ご無沙汰しております。 お変わりありませんか ・こちらこそ、ご無沙汰してしまい申し訳ありません ・こちらこそ、ご無沙汰しており失礼いたしました などが挙げられます。 このように、「こちらこそ、ご無沙汰しております」の後に、相手を気遣う表現を続けるのが無難です。 挨拶を書いた後は、近況報告や相手に関する話題を出すと話が膨らみます。 「ご無沙汰しております」と併用できる言い回し お変わりありませんか 「お変わりありませんか」は、 長い間連絡を取り合っていない相手の体調を気遣う、安否を確認する表現となります。 相手の身体のことだけではなく、仕事や生活など様々なことに対しての状況をとうことができます。 「お変わりありませんか」をより丁寧に表現したい場合は、「お変わりございませんか」「お変わりなくお過ごしですか」などと言い換えるのが良いです。 相手から「お変わりありませんか」と聞かれた場合は、「はい、おかげさまでへん気に過ごしております」と答えたり、「実は最近ゴルフを始めまして... 」と自身の話題について話すこともできます。 ただ、「お変わりありませんか」と相手に聞いたときに「最近怪我をして... 」といったようにマイナスなことを言われることもあります。 そういった場合は、あまり深く聞きださないようにすることが重要です。 例文 ・大変ご無沙汰しております。 お身体はお変わりありませんか。 ・久しくご無沙汰しておりますが、お変わりなく過ごしていらっしゃいますか。 お元気ですか 「お元気ですか」は、 長い間連絡を取り合っていない相手の体調を気遣う表現となります。 「ご無沙汰しております」と「お元気ですか」を併用することで、相手の健康を気遣う気持ちがより伝わりやすくなります。 代わりに「お加減いかがですか」という表現も使えます。 これは「体の具合や状態はいかがですか」と う意味になります。 また、「物事の事情や状況」を尋ねる表現としても用いられています。 相手から「大変ご無沙汰しております。 お元気ですか」と聞かれたら、「こちらこそ、ご無沙汰しております。 元気に過ごしています」と返すことができます。 例文 ・久しくご無沙汰しております。 お元気でお過ごしでしたか。 ・大変ご無沙汰しております。 お元気でしたか。 申し訳ございません 「申し訳ございません」は、謝罪をするときに使う表現です。 「申し訳ない」は、「相手にすまない気持ちで、弁解や言い訳のしようがない」「大変すまない」という意味で、相手に対して詫びる際に用いる語になります。 「ご無沙汰しております」と「申し訳ございません」を併用することで、 長い間連絡を取っていなかったことに対して詫びる気持ちを込めることができます。 「申し訳ありません」と言うこともできますが、「申し訳ございません」の方が丁寧な表現です。 例文 ・大変ご無沙汰しております。 しばらく連絡ができず申し訳ございませんでした。 ・しばらくご無沙汰してしまい、大変申し訳ございませんでした。 ビジネスメールでは「お世話になっております」を使うべし! ビジネスメールでは「ご無沙汰しております」という表現はほとんど使いません。 代わりに「 お世話になっております」を使うことが多いです。 「ご無沙汰しております」と書いてしまうと、「しばらく連絡をしていない」という意味を含んでしまいます。 実際にしばらく連絡を取っていないとしても、取引先にしばらく連絡を取らないこと自体があまりいいことではないので、ビジネスシーンでは「ご無沙汰しております」の使用を避ける傾向が強いです。 しばらく連絡を取っていなかったり、会っていないとしても「お世話になっております」ということが多いです。 「そんなにお世話になってないけどな〜」と思う人もいるかもしれませんが、日本のビジネスシーンでは「お世話になっております」とメールで書くのが一つの社交辞令になっています。 「お世話になっております」は「 面倒を見ていただいて、感謝します」という意味になります。 ただ世話になっていることを伝えるだけではなく、それに対して感謝していることも含めて伝えることのできる言葉となっています。 「お世話になっております」は、 すでに世話になっていたり面倒をみてもらっている相手に使う言葉です。 初めての相手に対しても「お世話になっております」と使う人が近年は多くいますが、厳密には誤りです。 「突然のご連絡失礼いたします」「初めてご連絡させていただきます」「はじめまして」などという文言の方が無難でしょう。 また、 「ご無沙汰しております」と「お世話になっております」は併用することはできませんので注意してください。。 一緒に使ってしまうと、「長らく会っていないはずなのにお世話になっている」という意味になってしまい矛盾してしまいます。 時と場合によっては「お世話になっております。 大変ご無沙汰しており、申し訳ございませんでした」といったように併用することもできますが、基本的に「ご無沙汰しております」と「お世話になっております」は別々に使います。

次の

「手持ち無沙汰」の意味?意味や使い方をご紹介

ご無沙汰 し て ます 意味

「ご無沙汰しております」の意味とは? まず「ご無沙汰しております」の意味を、読み方と併せて紹介します。 「ご無沙汰しております」の読み方 「ご無沙汰しております」の読み方は「ごぶさたしております」です。 口語では聞きなれた言葉ですが、ビジネスメールや文章で漢字を用いて表現するときはこのように書きます。 「ご無沙汰しております」の意味 「ご無沙汰しております」の「無沙汰」は主に「久しく音信がなく、訪問がない様子」などを指す言葉で、頭に「ご」、最後に「しております」をつけて「謙譲語」となります。 ちなみに「無沙汰」には「ものごとをなおざりにする」「無関心であること」「処置をしないこと」などの意味もある言葉です。 「ご無沙汰しております」の使い方と使える期間 「ご無沙汰しております」の使い方について、「ご無沙汰」に相当する適切な期間と併せて解説しましょう。 「ご無沙汰しております」の使い方 久しぶりに連絡をしたり対面したりした時に使われる「ご無沙汰しております」は、相手に「無沙汰=久しく音信がない」をしていた状態を詫びる意図をもって使わます。 また「ご無沙汰しております」は尊敬語の謙譲語表現のため、目上の人やビジネスパートナー、取引先の相手などに用いるのが正しい使い方です。 手紙・ビジネスメールでの返事 ビジネスメールで「ご無沙汰しております」というメッセージが届いたら、そのまま「こちらこそ、ご無沙汰しております」と返信をしても失礼にあたることはありません。 両者とも敬語でメールのやりとりをしているため、文章的にもスムーズにまとまります。 「ご無沙汰」の期間の目安は3か月程度 「ご無沙汰しております」の「無沙汰」における期間は個人によってそれぞれですが、おおむね3か月程度、もしくはそれ以上、連絡をしていない時に使われるのが一般的には適切です。 長さに合わせて「大変ご無沙汰しております」「本当に長い間ご無沙汰しております」と適切に言葉を足していきましょう。 数週間から一か月程度の間、連絡をしていなかった相手に「ご無沙汰しております」と声をかけると、人によっては多少の違和感を感じる場合もあるでしょう。 場合によっては「印象が薄い」「気に留められていない」と、本意ではない解釈をされてしまうかもしれません。 「ご無沙汰しております」を目上の人に使う時は? 続いて「ご無沙汰しております」を目上の人に使う時に気を付ける点を挙げながら、簡単な例文を挙げてみます。 気遣いの言葉を添える 「ご無沙汰しております」は「久しく音信を途絶えていて、申し訳ありません」という意味のある「お詫び」の気持ちを含む表現です。 相手に「ご無沙汰しております」という時は、相手への気遣いや、連絡が途絶えていた間の状況などを思う一言を添えると良いでしょう。 ただし、いくら丁寧語であっても「ご無沙汰してます」「ご無沙汰です」という表現は目上の人には適切ではありません。 必ず「ご無沙汰しております」と尊敬語の謙譲語を使うようにしましょう。 「ご無沙汰しております」の例文 相手への気遣いの言葉を添えて、「ご無沙汰しております」の例文をいくつか挙げてみましょう。 ご無沙汰しておりますが、その後いかがお過ごしでしたか?• ご無沙汰しております。 皆さまお変わりはありませんか?• ご無沙汰しており、本当に申し訳ありません。 ご無沙汰しておりましたが、元気そうで何よりです。 ご無沙汰しております。 しばらく連絡ができず大変失礼いたしました。 「ご無沙汰しております」の英語表現 最後に「ご無沙汰しております」の英語表現をみてみましょう。 状況によっては、長い間音信を途絶えていたという「お詫び」の気持ちを「I am sorry」「I apologize」でつなげたり、「How have you been?(お元気でしたか?)」などの言葉を添えると、より綺麗な文章としてまとまります。 「ご無沙汰しております」の英語例文 「ご無沙汰しおります」の簡単な英語例文を挙げてみます。 I am sorry that I have not been in touch with you for a long time. ご無沙汰しており、申し訳ありません。 How have you been? ご無沙汰しておりますが、お元気でしたか? まとめ 「ご無沙汰しております」は日常生活でも無意識のうちに放たれる言葉の一つですが、目上の人に使う時は、 併せて気遣いの言葉を添えると良いでしょう。 また「ご無沙汰しております」に相応しい期間については厳密な決まりはありません。 しかし、一般的には3か月程度、もしくはそれ以上を目安に「ご無沙汰しております」を使うようにするのが適切です。 一年以上のブランクがあった場合は「大変ご無沙汰しております」「本当に長い間ご無沙汰しております」と表現に強弱を付けるようにしてみて下さい。

次の

ご無沙汰の使い方や意味は?類似の言葉や用法などを紹介!

ご無沙汰 し て ます 意味

「ご無沙汰しています。 」の意味を知って正しく使おう 「ご無沙汰しています。 」の意味と正しい使い方 「ご無沙汰しています。 」の基礎知識• 「ご無沙汰しています。 」の意味とは?• 「ご無沙汰しています。 」の正しい使い方は? 【「ご無沙汰しています。 」の意味とは?】 ご無沙汰とは、会わないだけでなく手紙やメール、電話などの連絡が一切ないという意味の「沙汰が無い」に、丁寧語の「ご」を付けたものです。 訪問や手紙、電話などはこちらから投げかけるものですから、「私から連絡するべきだったのに、しなかった。 」という気持ちが含まれます。 ですから 「ご無沙汰しています。 」というのは「今まで何も連絡しなくて申し訳ありません。 」というお詫びの言葉なのです。 お詫びですので、立場としてはこちらが下ということになります。 【「ご無沙汰しています。 」の正しい使い方は?】 恩師など 過去にお世話になった方や、 普段はあまり連絡を取らない親戚などにご挨拶するときには、この「ご無沙汰しています。 」あるいは「ご無沙汰しております。 」「ご無沙汰して申し訳ありません。 」などの言い方で丁寧にご挨拶します。 直接顔を合わせたときに言う他、 突然の電話や手紙などの、最初のあいさつとしても使います。 非礼を詫びるのですから、しばらく会っていない友人など気さくな関係の相手には少々重すぎる挨拶です。 注意!こんな「ご無沙汰しています。 」の使い方はNG 大げさに言えばしばらくの間は音信不通だったわけですから、 「先生とは電話ではよくお話していますが、お会いするのはご無沙汰ですね。 」はおかしいですよね。 同じ理由で 「いつもお世話になっております。 ご無沙汰していますが、お元気でしょうか。 」もおかしいですね。 いつもお世話になっているなら、連絡が一切ないということはあり得ませんね。 【スポンサーリンク】 「お久しぶりです。 」との違いは? 「お久しぶりです。 」にはこんな意味がある 「お久しぶり」は、前回顔を合わせてから長い時間が経ってしまいましたね、という意味です。 会うのは久しぶりだけど、何らかの方法で連絡を取っていた場合は「お久しぶりです。 」を使います。 ですので、例えば電話では何度か話をしていたけれど、会うのは数年ぶりという場合には「ご無沙汰しています。 」ではなく「お久しぶりです。 」が正しいご挨拶になります。 どちらかがお詫びするというものではなく、会えてうれしいという気持ちを込めてご挨拶します。 「メールでは何度も話しているけれど、電話で声を聞くのは久しぶりですね。 」という使い方もよくしますよね。 これも「今までは声が聞けなかったけれど、今あなたの声が聞けて嬉しいです。 」という喜びの気持ちが込められています。 同僚などの対等な関係や、目下の人にも気軽に使える挨拶です。 目上の方にご挨拶するときは「お久しぶりでございます。 」など丁寧な言い方を心がけましょう。 「ご無沙汰しています」と「お久しぶりです」の違いをまとめると ご無沙汰しています• 今まで一切何の連絡もしていなかった相手に、非礼をお詫びする意味が込められている。 目上の方に対して使う。 お久しぶりです• 何らかの方法で連絡は取っていたけれど、直接顔を合わせてはいなかった相手へのご挨拶。 対等な関係の相手にも使える。 そう言えば「ご無沙汰して申し訳ありません。 」とは言いますが、「お久しぶりで申し訳ありません。 」というのはちょっと違和感がありますよね。 違和感の原因は何なのか、ここまで読んでくださったあなたならピンときたことでしょう。 関連記事はこちらからご覧ください 微妙な挨拶の使い分けも、意味を知れば簡単です なんとなく使ってきた挨拶の言葉も、意味を知ると使い分けも簡単にできるようになりますね。 年を重ねるほど、「ご無沙汰しています。 」や「お久しぶりです。 」を言う機会が増えてくると思います。 しっかり使い分けて、大人らしくスマートにご挨拶したいなと思いました。

次の