胸 が きゅっと する。 胸を大きくする方法!やればやるほど大きくなるバストアップ術|みちの道

胸を小さくする方法☆小学生・中学生・高校生別で一挙ご紹介!

胸 が きゅっと する

この記事の目次• 胸を小さくするためのマッサージ まずはマッサージ!毎日続けることで効果が出てきますから、お風呂タイムや寝る前など、毎日の習慣にしてください。 胸の肉を背中に流す バストアップとは逆のマッサージです。 大きくしたい時は背中の肉を集めてきますが、 小さくしたい時は逆に、谷間から背中に流すようにしてマッサージします。 小さくしたいのですから、寄せないんです。 右の胸を両手で優しく包み、谷間から背中の方へ肉を流していきます。 反対側も同様にやってみてください。 ただし、あまり強引にやってしまうとクーパー靭帯という胸を支えている靭帯が切れたり伸びたりして、胸が垂れてしまいます。 形が崩れる原因にもなりますし、胸が大きな人は垂れやすいので、優しく行ってくださいね。 胸の脂肪を燃やしやすくする 胸は肉ではなくて脂肪の塊です。 ですから、脂肪を燃焼させれば小さくなるわけです。 そのためのマッサージをしてみましょう。 胸を下から手で支え、小刻みに上下に揺らしてマッサージします。 1回10秒、3セットやってください。 できれば朝晩2回やりましょう。 痩身クリームを塗りながらマッサージ マッサージをする時に、服の上からでももちろん良いのですが、痩身クリームやスリミングジェルを使うとさらに効果的です。 これらのクリームやジェルには脂肪燃焼効果のある成分が配合されているので、マッサージとの相乗効果が期待できます。 胸を小さくするための運動 胸を大きくするための運動があるなら、小さくするための運動もあるんです。 効果があるのは筋トレよりも脂肪燃焼効果のある有酸素運動です。 縄跳びで脂肪を燃やす 脂肪を燃やすには有酸素運動が一番!中でも縄跳びが一番おすすめなんです。 縄跳びをすると、全身の体脂肪を燃やすのはもちろん、胸が上下することで胸の脂肪を燃焼しやすくなるので、サイズダウンさせたい人にはおすすめです。 実際に縄を使って外でやらなくても、家の中で出来る「エア縄跳び」で十分です。 専用の器具もありますし、何か持ち手の代わりになるようなものがあればそれを持って部屋の中でできますよ。 ただし、揺れ過ぎると胸が垂れる原因になりますから、しっかりホールドできるスポーツブラなどをつけて行ってください。 脂肪燃焼といえばウォーキング 器具がなくてもOK。 仕事の行き帰り、買い物に行くついでにもできるウォーキングはやりやすい有酸素運動ですね。 もし時間や体力に余裕があるならもちろんジョギングだってかまいません。 胸だけでなく、全身の体脂肪を落とすことが出来ますから、ぜひ毎日の習慣にしてください。 有酸素運動の前の筋トレ 胸を小さくするには、筋トレよりも有酸素運動といいましたが、有酸素運動の効果を高めるのが筋トレなんです。 縄跳びなどをする前に少し筋トレをして、筋肉を使って温めておくと脂肪燃焼効果が高まります。 胸を小さくするための筋トレとしておすすめなのが腕立て伏せです。 でも、腕立て伏せなんてきつくてできない!とう人のために、壁を使って行う方法をご紹介します。 壁から少し離れて経って、手を肩幅に開いて壁につきます。 肘が少し曲がる程度の距離からスタートします。 そのまま腕立て伏せと同じように、腕を曲げたり伸ばしたりを繰り返します。 腕立て伏せは胸が大きくなるというイメージがあるかもしれませんが、筋肉がつくということは脂肪が燃えやすくなるので、そういった意味では筋トレも取り入れていくと、有酸素運動の効果がアップしますよ。 猫背はダメ!美しい姿勢を保つこと 胸が大きいと目立ちたくないという思いもあって、どうしても前かがみになりがちですが、これは実は逆効果。 猫背になると逆に胸が大きく見えてしまいます。 それは全体が「丸い」印象になるためで、ぽっちゃりして見えてしまうんですね。 ですから、しっかり胸を張って美しい姿勢を保つ方がスッキリ見えます。 姿勢を良くしている方が胸を支える大胸筋の血行もよくなるので、胸が垂れるのを防ぐことにもつながります。 胸を小さくするための食生活 食事でも胸を小さくできるんです。 食べる食材に注意しないと、もしかしたらバストアップするものを食べてしまっているかもしれませんよ。 大豆製品を避ける 大豆を使った食材は大豆イソフラボンという栄養素が入っています。 大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、胸を大きくしてしまうんですね。 ですから、小さくしたいなら• 豆乳 など、豆腐製品は控えましょう。 アブラナ科の野菜を食べる アブラナ科といってもよく分からないと思いますが、例を挙げると以下の野菜類です。 ブロッコリー• カリフラワー• 青梗菜• 菜の花• クレソン• 小松菜 これらの野菜に含まれるインドールは女性ホルモンの分泌を抑制するので、胸を小さくする効果があるといわれています。 インドールは熱に弱いので生で食べるのがおすすめ!出来れば生野菜のサラダで食べましょう。 ただし、アブラナ科でもキャベツは別の栄養素にバストアップ効果があるので、避けた方が良いとされています。 1日3杯以上コーヒーを飲む スウェーデンのルンド大学のヘレナ・ジャンストーム教授の研究によると、1日3杯以上のコーヒーが胸を小さくすることが分かったのだとか。 300人の女性を対象に調査したところ、1日3杯以上コーヒーを飲む女性は胸のサイズが17%も小さくなるということが分かりました。 ただし、コーヒーをがぶ飲みしたからといってすぐに小さくなるわけではないので、継続することが大事です。 飲み過ぎると胃を傷めたり、カフェインの利尿作用によって水分が排出されすぎてしまうということもあるので、1日3杯までにしておいて下さい。 しかも、特定の遺伝子を持っている一部の人にはあまり効果がないということも分かっているので、がんばって続けても効果が出ないこともあります。 胸を小さくする美容整形手術 効果がいつ出るか分からない方法では我慢できないという方は、美容整形という方法もあります。 豊胸手術があるのと同じように、小さくする手術もあるんです。 余分な脂肪を除去する手術 余分な脂肪や乳腺を除去しながら、バストの整形もしてくれるので、バランスの良い理想のバストを手に入れられます。 手術をしても将来授乳することは可能です。 手術の方法によっては、若干傷跡が残るので、あまり年齢を重ねてからの手術はおすすめできませんが、若いうちなら時間とともに傷跡も目立たなくなっていくでしょう。 胸の大きさを服装でカバーしよう 胸をすぐに小さくすることはなかなか難しいので、マッサージや運動を継続しながら服装で胸が小さく見える工夫をしていきましょう。 胸を小さく見せるブラジャーを使う 胸を小さく見せるには、下着選びも重要です。 小さく見せるにはフルカップブラでスッキリ見せるのがコツ。 しっかりと胸を包んでくれるブラジャーを選びましょう。 胸元がスッキリしたデザインの洋服 タートルネックや首周りにフリルのある服は胸が大きく見えます。 胸元はスッキリしたデザインの服がおすすめ。 かといって谷間が見えるほど開いているものもダメなので、鎖骨が見える程度のスッキリ感がいいでしょう。 また、トップスに膨張色を持ってこないように。 胸を含めてふっくらして見えます。 淡い色を使いたい時は、ピンクや黄色などではなく、パープルやブルーなどの寒色系を使うと少し引き締まって見えますよ。 ストライプなど細く見える柄 上半身をスッキリ見せるにはストライプが大活躍!縦のラインを強調することで胸が目立たなくなります。 これも淡い色を使うよりはブルーやネイビーなどの寒色系を使った方が細く見えます。 ストールでIラインを作る 柄ではなくて小物使いで胸元をスッキリ見せるコツもあります。 それはストールやマフラーを使ってIラインを作ること。 縦のラインが強調されるのと、ストールでカバーされて胸も目立ちません。 胸を小さくするためにやってはいけないこと 胸を小さく見せたいためにやっていたことがもしかしたら逆効果だった?ということはないでしょうか。 胸を小さく見せるためには、以下のことに注意してくださいね。 小さなブラジャーで押さえつけるのはダメ 小さなブラジャーで押さえても、胸の肉がしっかりとカップにおさまらないので、逆に大きく見える可能性があります。 また、 胸の形とあっていないブラジャーを着けることで、胸の肉が押しつぶされて形が崩れたり、垂れる原因になりますから、胸にとって決していいことではありません。 極端なダイエットはダメ ただダイエットをしても胸だけが小さくなることはありません。 ダイエットをした時に、手首や足首、ふくらはぎなどもともと脂肪が少ないところは痩せやすいのですが、胸は痩せにくい部分です。 胸が痩せてくるまでダイエットを続けるのももちろん良いのですが、それにはしっかりと計画を立て、時間をかけて行うことが大切です。 くれぐれも、胸の肉を落としたいからといって、極端な食事制限などはしないで下さい。 数日食事を我慢したくらいで、胸は小さくなりません。 時間をかけてバストダウンしていこう! 毎日運動する時間がなければ、マッサージと食事を組み合わせてもいいですし、なかなか自炊が出来ない人は胸を小さく見せるブラジャーで何とかするなど、自分に合った方法を見つけてください。 いずれの方法も時間がかかります。 胸の靭帯を痛めずに、美乳を保って徐々に小さくしていくためには毎日のケアが大切です。 できればマッサージや運動を少しずつ取り入れながら、時間をかけてバストダウンしていきましょう。

次の

一週間(短期間)で胸を大きくする方法10種類以上を紹介

胸 が きゅっと する

この記事の目次• 胸を小さくするためのマッサージ まずはマッサージ!毎日続けることで効果が出てきますから、お風呂タイムや寝る前など、毎日の習慣にしてください。 胸の肉を背中に流す バストアップとは逆のマッサージです。 大きくしたい時は背中の肉を集めてきますが、 小さくしたい時は逆に、谷間から背中に流すようにしてマッサージします。 小さくしたいのですから、寄せないんです。 右の胸を両手で優しく包み、谷間から背中の方へ肉を流していきます。 反対側も同様にやってみてください。 ただし、あまり強引にやってしまうとクーパー靭帯という胸を支えている靭帯が切れたり伸びたりして、胸が垂れてしまいます。 形が崩れる原因にもなりますし、胸が大きな人は垂れやすいので、優しく行ってくださいね。 胸の脂肪を燃やしやすくする 胸は肉ではなくて脂肪の塊です。 ですから、脂肪を燃焼させれば小さくなるわけです。 そのためのマッサージをしてみましょう。 胸を下から手で支え、小刻みに上下に揺らしてマッサージします。 1回10秒、3セットやってください。 できれば朝晩2回やりましょう。 痩身クリームを塗りながらマッサージ マッサージをする時に、服の上からでももちろん良いのですが、痩身クリームやスリミングジェルを使うとさらに効果的です。 これらのクリームやジェルには脂肪燃焼効果のある成分が配合されているので、マッサージとの相乗効果が期待できます。 胸を小さくするための運動 胸を大きくするための運動があるなら、小さくするための運動もあるんです。 効果があるのは筋トレよりも脂肪燃焼効果のある有酸素運動です。 縄跳びで脂肪を燃やす 脂肪を燃やすには有酸素運動が一番!中でも縄跳びが一番おすすめなんです。 縄跳びをすると、全身の体脂肪を燃やすのはもちろん、胸が上下することで胸の脂肪を燃焼しやすくなるので、サイズダウンさせたい人にはおすすめです。 実際に縄を使って外でやらなくても、家の中で出来る「エア縄跳び」で十分です。 専用の器具もありますし、何か持ち手の代わりになるようなものがあればそれを持って部屋の中でできますよ。 ただし、揺れ過ぎると胸が垂れる原因になりますから、しっかりホールドできるスポーツブラなどをつけて行ってください。 脂肪燃焼といえばウォーキング 器具がなくてもOK。 仕事の行き帰り、買い物に行くついでにもできるウォーキングはやりやすい有酸素運動ですね。 もし時間や体力に余裕があるならもちろんジョギングだってかまいません。 胸だけでなく、全身の体脂肪を落とすことが出来ますから、ぜひ毎日の習慣にしてください。 有酸素運動の前の筋トレ 胸を小さくするには、筋トレよりも有酸素運動といいましたが、有酸素運動の効果を高めるのが筋トレなんです。 縄跳びなどをする前に少し筋トレをして、筋肉を使って温めておくと脂肪燃焼効果が高まります。 胸を小さくするための筋トレとしておすすめなのが腕立て伏せです。 でも、腕立て伏せなんてきつくてできない!とう人のために、壁を使って行う方法をご紹介します。 壁から少し離れて経って、手を肩幅に開いて壁につきます。 肘が少し曲がる程度の距離からスタートします。 そのまま腕立て伏せと同じように、腕を曲げたり伸ばしたりを繰り返します。 腕立て伏せは胸が大きくなるというイメージがあるかもしれませんが、筋肉がつくということは脂肪が燃えやすくなるので、そういった意味では筋トレも取り入れていくと、有酸素運動の効果がアップしますよ。 猫背はダメ!美しい姿勢を保つこと 胸が大きいと目立ちたくないという思いもあって、どうしても前かがみになりがちですが、これは実は逆効果。 猫背になると逆に胸が大きく見えてしまいます。 それは全体が「丸い」印象になるためで、ぽっちゃりして見えてしまうんですね。 ですから、しっかり胸を張って美しい姿勢を保つ方がスッキリ見えます。 姿勢を良くしている方が胸を支える大胸筋の血行もよくなるので、胸が垂れるのを防ぐことにもつながります。 胸を小さくするための食生活 食事でも胸を小さくできるんです。 食べる食材に注意しないと、もしかしたらバストアップするものを食べてしまっているかもしれませんよ。 大豆製品を避ける 大豆を使った食材は大豆イソフラボンという栄養素が入っています。 大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、胸を大きくしてしまうんですね。 ですから、小さくしたいなら• 豆乳 など、豆腐製品は控えましょう。 アブラナ科の野菜を食べる アブラナ科といってもよく分からないと思いますが、例を挙げると以下の野菜類です。 ブロッコリー• カリフラワー• 青梗菜• 菜の花• クレソン• 小松菜 これらの野菜に含まれるインドールは女性ホルモンの分泌を抑制するので、胸を小さくする効果があるといわれています。 インドールは熱に弱いので生で食べるのがおすすめ!出来れば生野菜のサラダで食べましょう。 ただし、アブラナ科でもキャベツは別の栄養素にバストアップ効果があるので、避けた方が良いとされています。 1日3杯以上コーヒーを飲む スウェーデンのルンド大学のヘレナ・ジャンストーム教授の研究によると、1日3杯以上のコーヒーが胸を小さくすることが分かったのだとか。 300人の女性を対象に調査したところ、1日3杯以上コーヒーを飲む女性は胸のサイズが17%も小さくなるということが分かりました。 ただし、コーヒーをがぶ飲みしたからといってすぐに小さくなるわけではないので、継続することが大事です。 飲み過ぎると胃を傷めたり、カフェインの利尿作用によって水分が排出されすぎてしまうということもあるので、1日3杯までにしておいて下さい。 しかも、特定の遺伝子を持っている一部の人にはあまり効果がないということも分かっているので、がんばって続けても効果が出ないこともあります。 胸を小さくする美容整形手術 効果がいつ出るか分からない方法では我慢できないという方は、美容整形という方法もあります。 豊胸手術があるのと同じように、小さくする手術もあるんです。 余分な脂肪を除去する手術 余分な脂肪や乳腺を除去しながら、バストの整形もしてくれるので、バランスの良い理想のバストを手に入れられます。 手術をしても将来授乳することは可能です。 手術の方法によっては、若干傷跡が残るので、あまり年齢を重ねてからの手術はおすすめできませんが、若いうちなら時間とともに傷跡も目立たなくなっていくでしょう。 胸の大きさを服装でカバーしよう 胸をすぐに小さくすることはなかなか難しいので、マッサージや運動を継続しながら服装で胸が小さく見える工夫をしていきましょう。 胸を小さく見せるブラジャーを使う 胸を小さく見せるには、下着選びも重要です。 小さく見せるにはフルカップブラでスッキリ見せるのがコツ。 しっかりと胸を包んでくれるブラジャーを選びましょう。 胸元がスッキリしたデザインの洋服 タートルネックや首周りにフリルのある服は胸が大きく見えます。 胸元はスッキリしたデザインの服がおすすめ。 かといって谷間が見えるほど開いているものもダメなので、鎖骨が見える程度のスッキリ感がいいでしょう。 また、トップスに膨張色を持ってこないように。 胸を含めてふっくらして見えます。 淡い色を使いたい時は、ピンクや黄色などではなく、パープルやブルーなどの寒色系を使うと少し引き締まって見えますよ。 ストライプなど細く見える柄 上半身をスッキリ見せるにはストライプが大活躍!縦のラインを強調することで胸が目立たなくなります。 これも淡い色を使うよりはブルーやネイビーなどの寒色系を使った方が細く見えます。 ストールでIラインを作る 柄ではなくて小物使いで胸元をスッキリ見せるコツもあります。 それはストールやマフラーを使ってIラインを作ること。 縦のラインが強調されるのと、ストールでカバーされて胸も目立ちません。 胸を小さくするためにやってはいけないこと 胸を小さく見せたいためにやっていたことがもしかしたら逆効果だった?ということはないでしょうか。 胸を小さく見せるためには、以下のことに注意してくださいね。 小さなブラジャーで押さえつけるのはダメ 小さなブラジャーで押さえても、胸の肉がしっかりとカップにおさまらないので、逆に大きく見える可能性があります。 また、 胸の形とあっていないブラジャーを着けることで、胸の肉が押しつぶされて形が崩れたり、垂れる原因になりますから、胸にとって決していいことではありません。 極端なダイエットはダメ ただダイエットをしても胸だけが小さくなることはありません。 ダイエットをした時に、手首や足首、ふくらはぎなどもともと脂肪が少ないところは痩せやすいのですが、胸は痩せにくい部分です。 胸が痩せてくるまでダイエットを続けるのももちろん良いのですが、それにはしっかりと計画を立て、時間をかけて行うことが大切です。 くれぐれも、胸の肉を落としたいからといって、極端な食事制限などはしないで下さい。 数日食事を我慢したくらいで、胸は小さくなりません。 時間をかけてバストダウンしていこう! 毎日運動する時間がなければ、マッサージと食事を組み合わせてもいいですし、なかなか自炊が出来ない人は胸を小さく見せるブラジャーで何とかするなど、自分に合った方法を見つけてください。 いずれの方法も時間がかかります。 胸の靭帯を痛めずに、美乳を保って徐々に小さくしていくためには毎日のケアが大切です。 できればマッサージや運動を少しずつ取り入れながら、時間をかけてバストダウンしていきましょう。

次の

胸を大きくする方法!小学生編!小学生からできるバストアップ方法は

胸 が きゅっと する

胸を大きくする方法 では早速、胸を大きくする方法を6つご紹介します。 それぞれに違った角度からバストアップ効果を高めてくれるので、どれか1つではなく、できるだけ色々な方法を試してみてくださいね。 リンパマッサージをすると、胸まわりのリンパや血液の流れが良くなります。 すると、バストアップに必要な「栄養」や「女性ホルモン」が胸までしっかり届くようになり、バストアップ効果を高めてくれるのです。 そんなリンパマッサージの効果を最大限に高めるタイミングは、血行が良くなっている「入浴中」や「お風呂上がり」。 体が温まっているタイミングでリンパマッサージをすれば、よりリンパの流れをスムーズにし、「栄養」や「女性ホルモン」がしっかり胸まで届くようになります。 脇の下に反対側の手を当て、下から上に押し上げるように揉みます。 次に、指の腹を滑らせるようにして、背中と体側の境目あたりを下から上に流していきます。 最後に、脇の下から胸の上部にかけて、胸を寄せるようなイメージで手を滑らせていきます。 反対側も同様に行いましょう。 胸の側部と上部をやさしくマッサージすると、リンパの流れが良くなるとともに、乳腺を刺激してバストアップ効果が高ります。 ただし、リンパや乳腺を傷つけないためにも、あまり強くマッサージしないように注意してくださいね。 リンパマッサージは継続することが大切なので、リラックスしながら気長に続けてみましょう。 胸は「乳腺」と「脂肪」で構成されていて、乳腺を守るために脂肪がついています。 乳腺は母乳をつくる器官なので、女性にとって大切なもの。 だから脂肪で守る必要があるのです。 この乳腺を発達させれば、乳腺を守るために脂肪がつき、バストのボリュームがアップするという仕組みになっています。 乳腺を発達させるには、女性ホルモンの分泌を促すことが大事。 バストアップマッサージは、女性ホルモンの分泌を促す効果があるため、乳腺を発達させて胸を大きくする効果が期待できるのです。 右の脇の下に、左手を当てます。 右脇から右胸の横を通り、右胸の下から谷間までバストに沿って滑らせます。 谷間まで来たら、そのまま左胸のデコルテまで滑らせましょう。 10回くり返し、反対の胸も同様に行いましょう。 次に、右胸の下に右手を当て、右胸の上に左手を当てます。 下の手は谷間に向かって、上の手は脇に向かって、円を描くように同時に滑らせます。 10回くり返したら、反対の胸も同様に行いましょう。 5以降の手順は、乳腺を直接刺激するマッサージです。 乳腺はデリケートなので、強くマッサージすると傷ついてしまう恐れがあります。 乳腺を傷つけるとバストダウンする恐れがあるので、やさしくマッサージするようにしてくださいね。 ツボ押しをするメリットは、女性ホルモンの分泌を活発にしたり、乳腺を発達させたり、リンパの流れを促したりすること。 どれもバストアップ効果を高めてくれます。 「ツボ押し」はただ押すだけなので、効果絶大なのに手軽にできるのがうれしいですね。 胸まわりの巡りを良くするためには、「肩甲骨」や「大胸筋」をほぐすストレッチが効果的です。 大胸筋は胸を支えている筋肉のことですが、この筋肉をストレッチすることでしっかりと大胸筋が働き、 胸を支える土台ができ上ります。 また、肩甲骨はバストのちょうど裏側にあり、肩甲骨が硬くなると、胸まわりのリンパや血液の流れが悪くなってしまいます。 そのため、肩甲骨をほぐすバストアップストレッチをすると、胸まわりの巡りが良くなり、ふわふわのバストをつくることができます。 バストアップストレッチは、バストアップマッサージの前や、バストアップ筋トレの後にやると効果的です。 つねに、胸まわりの巡りを良くしておくことが大切ですよ。 両腕を広げ、肩の高さまで上げます。 そのまま肘を、背中のほうへ引きましょう。 肩甲骨がくっつくようなイメージです。 次に両手をそのまま前へグーっと伸ばして、背中を開きます。 今度は、肩甲骨を離すイメージです。 そして最後に、肩に手を置いて、グルグルと肩を回します。 バストアップストレッチは、姿勢改善にも効果があります。 猫背になると胸が縮こまり、胸まわりの巡りが悪くなります。 それに加えて、肩甲骨も硬くなってしまうので、バストアップストレッチでほぐすことが大切なのです。 肩甲骨ストレッチは、バストアップの大敵である「肩こり」の解消にも効果的ですよ。 とくに顕著にあらわれる変化は、「バストの垂れ」。 若い頃は、上向きでハリのあった胸が、だんだんと下を向いてしまうのは悲しいですよね。 加齢とともに胸が垂れてしまう大きな原因は、「大胸筋の衰え」です。 大胸筋とは、胸の土台部分にある筋肉のことで、バストを高い位置に支える役割をしています。 でも、意識して鍛えてあげないと、加齢とともに衰えてしまうため、バストが垂れてしまうのです。 そんな垂れ胸を改善する方法が、「バストアップ筋トレ」です。 大胸筋など胸まわりの筋肉を鍛えると、バストを高い位置に持ち上げてくれる効果が期待できます。 バストアップ筋トレは、女性でも簡単にできます。 道具も何も使わない簡単なバストアップ筋トレは、多くの女性が知っている 「合掌のポーズ」。 背すじを伸ばし、胸の前で手のひらを合わせます。 肘を真横に開き、手のひらを押し合うようにして力を入れます。 そのまま10秒キープしましょう。 これを3セット行います。 合掌のポーズは、大胸筋の上部や中部、大胸筋の内側などを鍛えられる筋トレです。 バストアップ筋トレをしているときは、刺激を与えている筋肉を意識することで、効果がアップしますよ。 胸まわりの筋肉を適度に鍛えることで、ツンと上向きのバストが手に入ります。 また、バストアップ筋トレが終わったら、胸まわりをさするように、やさしくほぐしておきましょう。 先ほどご紹介した「バストアップストレッチ」もオススメです。 それは、ただ寝るだけでバストアップできちゃう「ナイトブラ」です。 ナイトブラとは夜専用ブラのことで、寝ている間に脇や背中に流れてしまうバストをしっかりホールドして、胸の形を整えてくれます。 ブラをつけないで寝る人も多いと思いますが、それでは胸が無防備な状態になり、支えてくれるものが何もありません。 すると、「垂れ胸」「離れ胸」「バストダウン」などの悲劇を引き起こしてしまうのです。 「じゃぁ、普通のブラをつけて寝ればいいんじゃない?」と思うところですが、ワイヤーブラなどは締めつけが強く、胸まわりの血行が悪くなる恐れがあります。 それだけではなく、昼用ブラは立った状態でのホールド力に特化しているため、寝ている状態でのホールド力は低いのです。 「でも、ブラをつけて寝ると苦しいからイヤ」という人もいると思います。 寝るときくらいは、ブラから解放されたいですよね。 でも大丈夫。 つけていることを忘れてしまうくらい快適な「ナイトブラ」なら、苦しくなることもなく、心地よい睡眠が手に入りますよ。 毎日の習慣をちょっと見直すだけで、女性ホルモンを活性化し、バストアップ効果を高めることができます。 胸を大きくする生活習慣といっても、むずかしいことではありません。 体がよろこぶことをしてあげれば、ホルモンバランスが整い、バストアップ効果が高まります。 では、胸を大きくするために意識したい生活習慣のポイントを4つご紹介します。 良質な睡眠は、美容と健康に必要不可欠な生活習慣なんです。 眠っている間に分泌される「成長ホルモン」は、肌をキレイにしたり、疲れを回復させたりする効果があります。 しかし、良質な睡眠をとれなくなると、成長ホルモンの分泌が減り、体を回復できなくなってしまうのです。 それに加えて、睡眠不足はバストアップに必要な「女性ホルモン」のバランスも乱してしまうため、良質な睡眠をとることがバストアップには大切なのです。 良質な睡眠をとるポイントは、できれば7時間くらいの睡眠時間を確保すること。 さらに、22~2時のゴールデンタイムはしっかり睡眠をとるようにしましょう。 この時間帯は、成長ホルモンの分泌が活発になり、バストアップ効果を高めてくれるからです。 体が冷えると血流が悪くなり、胸まわりの血流もダウン。 胸に必要な栄養を届けるには、血行を良くすることが大切なので、体を冷やさないことが大事なんです。 また、体が冷えると女性ホルモンの分泌が低下し、胸を大きくするどころかバストダウンする可能性も。 だから、体を冷やす生活はバストアップには厳禁なんですよ。 いつもシャワーで済ませている人は、今日から湯船に浸かり、ゆったりとリラックスしながら入浴しましょう。 リラックスすると血管が広がり、血流が良くなるだけでなく、ストレスも軽減されて女性ホルモンの分泌を促すことができます。 入浴には、体を温めることと、リラックス効果の2つの側面から血流を促し、胸を大きくする効果が期待できます。 胸を大きくするには、女性ホルモンを活性化させることが大切ですが、実は、女性ホルモンを活性化させる食べ物があるんです。 女性ホルモンが活性化されると、「乳腺」が発達し、胸の脂肪を増やすことができます。 そのため、女性ホルモンを活性化させる食べ物を食生活に取り入れれば、胸を大きくする効果が期待できます。 女性ホルモンを活性化する食べ物はこちら。 豆乳や納豆などに含まれる 「大豆イソフラボン」• キャベツやハチミツなどに含まれる 「ボロン」• 肉や魚などに含まれる 「タンパク質」 バストアップ食材として知られているのは、この3種類が代表格です。 大豆イソフラボンは、女性ホルモンの「エストロゲン」と似たような働きをしてくれます。 エストロゲンには乳腺を発達させる効果があるので、エストロゲンの働きをサポートすることで、バストアップ効果が期待できます。 ボロンは、エストロゲンの働きを高める「ホウ素」と呼ばれるミネラルの一種。 キャベツやリンゴなどに含まれていて、生で食べることが大切です。 そして最後に、タンパク質。 「鶏肉を食べるとバストアップ効果がある」と言われるのは、良質なタンパク質が含まれているからです。 タンパク質には、女性ホルモンの分泌を促したり、大胸筋を発達させたりする効果があります。 魚や卵、乳製品などにもタンパク質が豊富に含まれているので、食生活に取り入れてみましょう。 これらの食べ物を毎日の食生活に取り入れることで、ハリのある上向きバストをつくる効果が期待できますよ。 いつも猫背で背中が丸まっていると、胸が圧迫されて血行不良になったり、背中の筋肉が硬くなったりしてしまいます。 すると、どんなに効果的なバストアップ法を実践しても、望むような結果を得られない可能性があるのです。 とくに、スマホやパソコンを日常的に使っている人は猫背になりやすく、胸まわりの血行が悪くなりがちです。 胸まわりの血行が悪くなると、バストに十分な栄養が届かなくなり、バストダウンにつながってしまうのです。 それが進行すると、垂れ胸の原因にもなりかねません。 このような事態を防ぐには、日頃から姿勢を良くすることが大切。 ではここで、正しい姿勢についてご紹介します。 イスに座り、背すじを伸ばして腹筋に力を入れます。 骨盤を立て、足の付け根にある骨で座るイメージです。 肩が上がらないように注意して、体より少し後ろ側に肩を引きます。 背中が反らず、お腹と背中は真っすぐにキープしましょう。 これが正しい姿勢です。 デスクワークの人は、1日中座っているので、とくに意識してみてくださいね。 仕事中の姿勢によって、胸が大きくなるか、小さくなるかが決まってしまいます。 【秘策】超意外な方法で胸を大きくする! 色々なバストアップ法をご紹介しましたが、最後に、秘策ともいえる「胸を大きくする方法」をご紹介します。 SNSでも話題になり、「本当に効果があった!」と多くの口コミがある方法です。 ぜひ、意識して毎日を過ごしてみてくださいね。 せつない恋ではなく、ときめく恋をする 恋をすると、女性はきれいになりますよね。 これは、恋のときめきで「女性ホルモン」の分泌が活発になるからなんです。 好きな人を見てドキドキすると、それが脳の視床下部に伝わり「性腺刺激ホルモン」が分泌されます。 性腺刺激ホルモンは、卵巣に働きかけて女性ホルモンの分泌を促します。 女性ホルモンは、バストアップや美肌効果のある「エストロゲン」と、乳腺を発達させてハリのあるバストをつくる「プロゲステロン」の2種類があります。 恋をすると、この2つの女性ホルモンの分泌が活発になり、その結果、胸が大きくなるというわけです。 恋は、女性の人生において大切なスパイス。 女性らしいボディラインをつくるためにも、恋のときめきが必要なんですよ。 片思いでも、芸能人でも、ときめいてドキドキしていればOKです。 ただし、せつなくてつらすぎる恋ではダメ。 幸せな気分になれるような、ときめく恋じゃないと女性ホルモンは活発になりません。 それどころか逆効果になる場合も。 だから、どんどん 幸せな恋をしてキレイになっちゃいましょうね。 「なんか幸せだなぁ」と感じたとき、気がついたら自然と胸が大きくなっているかもしれません。 イライラしないで、いつも笑顔ですごす 胸を大きくするホルモンは、女性ホルモンだけではありません。 感情のコントロールに深く関わっている「セロトニン」という脳内物質も、バストアップに関係しています。 セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、嬉しい・楽しいと感じたときに分泌されます。 心がやすらいでリラックスしているときにも分泌されるので、大好きなペットとふれあっているだけでも分泌されますよ。 セロトニンが分泌されると、女性ホルモンを活性化する働きがあり、バストアップ効果が高まるんです。 いつもイライラしていたり、ストレスがたまったりしていると、セロトニンも女性ホルモンも活性化されず、胸が小さくなってしまう可能性があります。 なるべくストレスをためないようにして、いつも笑顔で過ごすようにすると、バストアップ効果が高まりますよ。 笑顔が多くなれば、あなたの魅力が高まり、恋のチャンスも舞い込んでくるかもしれません。 恋のチャンスがあれば、女性ホルモンがどんどん分泌されて、相乗効果で胸が大きくなるという好循環になります。 心と体はつながっているということがわかりますね。 大好きな男性とイチャイチャする 大好きな男性とイチャイチャしていると、「わたし、世界でいちばん幸せかも!」と思ってしまうくらい、うれしくてたまらなくなりますよね。 これも、女性ホルモンが活性化されている瞬間です。 恋でときめくのと同じように、大好きな男性に触れられたときのドキドキ感は、女性ホルモンの分泌を活発にします。 ただし、これは 「大好きな男性限定!」ということを忘れないでくださいね。 好きでもない男性とふれあっても、女性ホルモンの分泌が増えることはありません。 「じゃあ、彼氏がいないと無理じゃん!」 と思った人は、まずは、ときめく恋をしてみましょう。 恋を見つけるには、イライラしないで過ごすこと。 笑顔で過ごしていれば、恋のチャンスが舞い込んできます。 「いやいや~、彼氏を見つけるために胸を大きくしたいの!」 という人は、今回ご紹介した「バストアップ法」を実践してみてくださいね。 これでもう、バストアップすること間違いなしですよ。 やればやるほど胸が大きくなるバストアップ術で女性らしさを磨く! マッサージやストレッチ、筋トレや生活習慣など、様々な角度から 「胸を大きくする方法」についてご紹介しました。 どれも効果的なバストアップ法ですが、続けることが1番大切なポイントです。 つまり、やればやるほどバストアップできるということです。 そして、もう1つ大切なのは 「女性らしさを磨くこと」。 女性らしさを磨くためには、イライラせずに幸せな気分で毎日を過ごすことです。 そうすれば女性ホルモンのバランスが整い、バストアップ効果が高まりますよ。 ストレスのない心のやすらぎと、恋のドキドキ。 そして、健康的な体づくりが胸を大きくすることにつながるのです。 バストアップ効果を高めるために、女らしさに磨きをかけていきましょう!.

次の