宇崎 ちゃん 献血 ポスター。 【炎上】日本赤十字社の宇崎ちゃんとコラボした献血ポスターに海外からも批判殺到する

「宇崎ちゃん」献血ポスターに外国人も呆れ?「これは間違ってる」

宇崎 ちゃん 献血 ポスター

先ごろ、献血キャンペーンの「胸強調」イラストがセクハラだとの指摘で炎上。 「宇崎ちゃんポスター問題」として話題となった。 一方、世界最大規模の同人誌即売会『コミックマーケット97(以下、C97)』が12月28日〜31日までの4日間、東京ビッグサイトで開催。 当会場では例年同様、献血者にポスターをプレゼントする『献血応援イベント』を実施中だ。 そして、企業ブース開催に尽力したのが当時コミケスタッフだった中田氏だ。 「その頃、同人業界では『ポケモン同人誌著作権問題』と『ときめきメモリアル(アダルトアニメ)事件』があり、共に企業側が裁判で勝訴しました。 同人活動への逆風の中、企業色の強い『企業ブース』に対しては慎重な意見もあったが、中田氏は「お試しでやってみましょう」と関係者を説得。 『企業ブース』開催こぎつけたのだという。 そうまでして『企業ブース』にこだわった理由とは。 その方策のひとつとして、企業というプロ集団と一緒にイベントを行うことによって、コミケをバプリックなモノに引き上げたかったのです」(中田氏) C51では6社だった企業ブースの出展数も、今では百数十もの企業が出展するまでに拡大。 ここで販売される限定品などは来場者にとってお宝となっている。 一般ブースと同様に来場者を集める企業ブースは、コミケをパブリックなモノに育てるターニングポイントのひとつとなった。 そして、中田氏が次に取り組んだのが『献血応援イベント』だった。 そこで、コミケでも何か協力できないかと考え、数十万人の人が集まるコミケで献血で行列をつくれないかと考えました」と、献血応援イベントのあらましを説明する中田氏。 献血応援イベントで赤十字血液センターは献血バスとスタッフを出す。 コミケは場所を貸す。 そして、ポスターやグッズは各企業が寄付したもの。 だが、今回の騒動をキッカケに日本の献血事業が直面している問題を知って欲しいと中田氏は話した。 赤十字によれば、関東における輸血の大半をコミケで集めた血液でまかなっている 厚生労働省が発表している「年代別献血者数と献血量の推移」によれば、平成21年から献血量は右肩下がり。 16歳〜19歳の献血者数にいたっては、平成6年度に90万人だったのに対し平成29年は25万人にまで減少。 日本の人口減少率以上の壊滅的な数字となっている。 そんな厳しい現状の中、コミケ献血が果たした役割とは一体どんなものなのか。 赤十字によれば日本の献血者の97% 強がリピーターで、2. 実際、年末年始は帰省ラッシュ・Uターンラッシュで事故が増えるため大量の輸血用血液が必要になるのだが、「赤十字によれば、関東近郊おける輸血の大半をコミケで集めた血液でまかなっている」と中田氏は教えてくれた。 では、今回のポスター騒動に関して、本来語られるべき「血液不足」という視点が抜けていることに不満はないか?と中田氏に聞くと、「まずは議論の俎上に載せられることが重要」と語尾に力を込めた。 「8年間行ってきた『献血応援イベント』という社会活動がようやく認知され始めたわけです。 中田氏は「今後もこうした活動を続けていきたい」と前を見据えた。 好き嫌いで過熱した「宇崎ちゃんポスター問題」、議論すべき問題は他にもある では、「宇崎ちゃんポスター問題」は法律的視点で見た際に問題はあるのだろうか。 レイ法律事務所に所属する舟橋和宏弁護士に見解を聞いた。 舟橋和宏環境型セクハラとは、男女雇用機会均等法11条に定められている「職場において行われる性的な言動により当該労働者の就業環境が害されること」がこれにあたります。 そして、この規定を受けて、厚生労働省では指針を示しており、そこでは「労働者が抗議をしているにもかかわらず、事務所内にヌードポスターを掲示しているため、当該労働者が苦痛に感じて業務に専念できない」ことが一例として挙げられています。 そういった点から、ヌードポスターを職場内に掲示するというのは、環境型セクハラと判断される可能性があります(この場合、この状況を放置したポスター設置者や会社が損害賠償請求を受けるなどの可能性がある)。 ちなみに、環境型セクハラは、上記のように労働関係があることを前提として定義されているものです。 しかしながら、セクシャルハラスメントの問題は、職場内に限った話ではありません。 職場外でのセクハラについて、一義的な定義はありませんが、ざっくりいうと、性的な言動があり、一般的な人から考えて受任することができず支障が生じるといったことが必要になると考えられます。 イラスト自体は漫画の表紙に使われたものと同じであり、特に単行本が販売された当時に問題となったという話も聞きません。 また、指針にあるようなヌードなどでもありません。 そういった点から、環境型セクハラ、その他セクハラにもまず当たることはないと考えられます。 舟橋和宏率直に言って、弁護士的には環境型セクハラという判断はなかなかできないと考えられます。 環境型セクハラという意見以外に、一部では女性差別撤廃条約に反するといった意見もありました。 しかし、そもそも漫画のイラストが掲示されることで性区別をしたりするものでもありませんし、女性を蔑視するものでもないでしょう。 そのたびに、「とんでもないイラストだ」などという意見が出ますが、正直、そこまで激烈な意見を出すまでの問題と言えるのか疑問に思います。 舟橋和宏表現の自由と言われますが、表現が外部に出て他人も触れる以上、絶対的に制約がないということはありえず、何らかの批判などが出るということは致し方ありません。 そして、環境型セクハラなどに抵触するようなものであれば、結果的に制約を受けていくということもあるでしょう。 しかし、ある表現物について様々な角度から議論を行うなど、議論を先に進めていくようなものであればまだしも、単に「けしからん」と言うことだけになってしまえば、その主張はよくないクレームになってしまいます。 そうなってしまうと議論も進まず、真に改善されていくべきセクシャルハラスメントなどが埋没してしまう恐れもあるのではないでしょうか。 舟橋氏は、「好き」「嫌い」の感情による議論によって、真に改善されるべき問題が埋没する可能性を危惧。 献血者数の減少問題や、他に議論するべき本質的なセクハラ問題…いま一度本質に立ち返って、議論するべき話題を考える必要があるのではないだろうか。 アニメ・映像コンテンツの権利保護に力を入れており、知的財産保護(特に、著作権・商標権保護)に精力的に取り組むほか、『子どもの人権と少年法に関する特別委員会』に所属し、いじめ予防授業等にも取り組んでいる。 自他ともに認めるアニメオタク。 大塚明夫氏が演じるイスカンダルが好きすぎてガチャにいくらつぎ込んだかは考えないようにしている。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

萌えキャラ「宇崎ちゃん」の献血PRポスターに女性弁護士が「環境型セクハラ」とクレーム

宇崎 ちゃん 献血 ポスター

『宇崎ちゃんは遊びたい!』を使った献血ポスターとそれをめぐっての太田啓子弁護士のコメント・行動が炎上しているな。 太田は詳しくは述べていないようだが、要するに宇崎ちゃんの「巨乳」強調のイラストが「無神経」であり「公共の場での環境型セクハラ」であるからという理由で赤十字に何らかの苦情を言ったものと思われる(くりかえすが、この理由は推測に過ぎない)。 これに対するツイッターなどのネット上のコメントを見ると、「あいちトリエンナーレ」の騒動と重ね合わせて、これも表現の自由に対する攻撃ではないのか、という意見がけっこう目立った。 「巨乳強調」は女性の人権を侵すか そもそもの問題として、巨乳を強調したイラストを大勢の前に掲示するのは女性の人権を侵すこと、「環境型セクハラ」になるのか。 結論から言えば、「環境型セクハラ」=法令上の人権侵害とは思えないが、女性を性的な存在とのみみなし、部分化・パーツ化した存在とみなす意識を強化するかもしれない。 (ただ、どんな虚構作品でも政治的にみて公正でない意識を強化する可能性はありうる。 )そして、その不公正を批判する意見を述べることはありうる、ということである。 「環境型セクハラ」ではないことについては弁護士の吉峯耕平が。 ぼくなりに思うことについてはこの記事の末尾にまとめておくので、読みたい人はそちらをどうぞ。 たぶん。 法的にみてアウトではないものの、 政治的には公正ではない、ジェンダーの加圧を高くするものだ、というのがおそらく太田の主張じゃねーのか。 これもぼくはこの種の性的なコンテンツを「楽しんでいる」一人として、、 聞いておくべき・受け止めておくべき警告ではあると思う。 宇崎ちゃんは虚構の人物であり、性的パーツ化を「楽しんで」おけるのは虚構の領域だけだ。 そして、これも、その種の政治的公正さから外れたもの、いわばポリティカル・コレクトネスを備えていないと思われるものは、性的なテーマだけでなく、まさに無限に存在する(家族、戦争、犯罪、宗教、暴力、年齢などなど)。 そうした無数の警告の一つひとつに、どれくらいの「注意」の資源を割けるかは、まさにその人次第なのだろう。 例えば中川裕美は最近「しんぶん赤旗」で「少女漫画とジェンダー」の連載をやったけど、『NANA』『星の瞳のシルエット』『神風怪盗ジャンヌ』といった少女マンガの中にジェンダー上の不公正がどのように忍び込んでいるかについて語っている。 あるいは、政府が最近、映画『宮本から君へ』に麻薬取締法違反で有罪となったピエール瀧が主演していることをもって、「国が薬物を容認するようなメッセージを発信する恐れがある」として補助金の不交付を決定した。 政府による不交付の是非とは全く別に、作品の中にそういう不公正が入り込んでいると主張することは、一般的にありうるのである。 そして、もうまったくいま手近にあるだけだから例に挙げさせてもらうだけなんだけど、たかぎ七彦『アンゴルモア 元寇合戦記』であっても「元・高麗軍の残虐さを創作上過度に強調することが、モンゴル人や朝鮮人の民族性に対する偏見を助長する可能性がある」という批判も成り立ちうる(ちなみに、)。 つまり、創作物はほとんどのものが大なり小なり政治的不公正を含んでいる。 どこかで誰かを傷つけていることは避け難いと言ってもいい。 しかし、これにすべて対応して不公正を除去しようとすれば「政治的に正しいおとぎ話」になってしまう。 作者: ジェームズ・フィンガーナー,James Finn Garner,デーブスペクター,田口佐紀子• メディア: 単行本• クリック: 20回• 創作が成り立たないのである。 政治的不公正を批判する指摘というものは、当たっている場合もあれば、外れている場合もある。 また、当たっていても、影響がほとんどないという場合もある。 「不公正だ」という指摘に対して、ひとつひとつ実際に不公正かどうかを検証していけばいい。 そして、作家は、その指摘や検証(議論)を受け止めて、そのままにしておくか、作品を修正するか、撤回するか決めればいい。 そしてその態度に対して……という無限の連鎖が続く。 それが表現や言論の自由というものだ。 「宇崎ちゃん」については「女はおっぱいだよな」的な見方、「女性は性的な存在である」「女性は性的なパーツである」という見方を強化するおそれはある。 環境型セクハラではないが、不公正さが含まれていると思う。 だから、そうしたポスターに「これはジェンダー的に不公正ではないか」と意見を言うことはありうる。 というか、 言うべきだ。

次の

献血ポスターに「アニメキャラ」採用は是か否か、「使えるモンは全部使って血液を確保」など反響

宇崎 ちゃん 献血 ポスター

日本赤十字社のある献血ポスターを巡り、ネット上では議論が巻き起こっている。 問題となっているのは、漫画『宇崎ちゃんは遊びたい!』と日本赤十字社がコラボしたポスタービジュアル。 巨乳キャラのヒロイン・宇崎花が「センパイ! まだ献血未経験なんスか? ひょっとして……注射が怖いんスか~?」というセリフで献血を呼び掛けるもの。 コラボ期間中、一都六県の献血ルームで献血協力者に特製クリアファイルをプレゼントすると告知しており、漫画家のオカヤド氏もこのクリアファイルを手に入れたことを報告している。 しかし、これに対し外国人ツイッターユーザーが「赤十字にがっかりした。 過度に性的な宇崎ちゃんを使ってキャンペーンをしている」と困惑した様子でツイートすると、弁護士の太田啓子氏がこれを取り上げ、「本当に無神経だと思います」と糾弾。 「なんであえてこういうイラストなのか、もう麻痺してるんでしょうけど公共空間で環境型セクハラしてるようなものですよ」とピシャリ。 その後、「とりあえず、日本赤十字社のお問い合わせ に意見を送りました、、、」と問い合わせもしたことを明かした。 赤十字のバカな対応で献血に嫌気がさす人が増えるかもしれない。 本当にバカなことを赤十字はしたもんだな。 — ロゴス asianshoro 赤十字の宇崎ちゃんポスターについてとりあえず俺の意見表明をしとくと「フェミニストサイドの意見は全く理がない訳じゃないし、萌え絵の公共使用における作品性と公共適正のバランス調整は引き続き議論が必要だが、少なくとも本件は緊急に撤去が必要なほど過剰に性的、セクシズム的ではない」です。 元々は冬コミでオタクに献血してもらおう企画は東京都赤十字がやり初め、効果絶大だったから赤十字の担当者がお礼を言いに来た事もあるんですけどね。 清々しいまでのダブルスタンダードだ。 地域PRのCMにおける中氏を始めとする多数の輩のように、似非フェミにとってダブスタはお家芸なのか。 ここまで綺麗なダブスタを決めるなんて流石っすね笑 — Satoshi satoov 宇崎ちゃんのポスターで巨乳なだけで文句来るのは流石に可哀想すぎ — クオリア Qualia5029 宇崎ちゃんの献血ポスターがセクハラと批判されてるけど、宇崎ちゃんは嫌がってないからセーフ。 申込者数見ても、男性364万人に対し女性170万人とダブルスコア。 そりゃ、男性向けポスターが採用される率が高くなって当たり前。 — E. ELPACHOPAMYOLE 「とにかく公共ポスターには一切性的なイメージを持ち込むべきではない」というのも一つの見識だが、それならそうと穏健に主張すれば良い。 赤十字にせよ、原作者にせよ、何も悪気があってやってるんではないんだから、そんな攻撃的に言う必要は無いでしょう。 普通の格好した宇崎ちゃんだしな〜抗議て.. 確かに胸が大きいけど。 胸をクリアすればいいのかな。 貧乳や地味な子に萌える人もいるし、アイドルの写真だって性は排除できないし。 難しい問題。 ツイッターでつぶやくより、赤十字に批判を送ったらいいのでは。 論建ては知りたい。 — 松阪かな UH29598134 献血ポスターにアニメイラストを使う件、どこがダメなの?むしろ減り続ける献血を食い止めてる利益の方が大きいけど。 元々は冬コミでオタクに献血してもらおう企画は東京都赤十字がやり初め、効果絶大だったから赤十字の担当者がお礼を言いに来た事もあるんですけどね。 — うめちゃん 私は自由だ 11royce 宇崎ちゃんのポスターは先日献血でもと思って近所の献血センターに行った時に見かけた。 あいにく前回の献血 マジミラ から期間もあまり経ってなくてその時は見送ったけど、「へえ宇崎ちゃん人気なんだな」くらいしかその時は思わなかったな。

次の