彼方 の アストラ 11 話。 彼方のアストラ11話ネタバレと感想。カナタの右腕伏線回収がすごい!

彼方のアストラ11話ネタバレと感想。カナタの右腕伏線回収がすごい!

彼方 の アストラ 11 話

アリエスの秘密 シャルスがヴィクシア王のクローンなら、アリエスは王女セイラのクローンだった。 ということは屁理屈を言うと、シャルスはアリエスのお父さん、ということになるんですかね…DNA上は。 ただ、アリエスのオリジナル・セイラは、他のオリジナルどもと違って、幸いなことに腐った気性を持ち合わせてはいなかった。 クローンのことには断固反対していたし、シャルスのことも弟のように思っていた…DNAは父だけど。 セイラとアリエス、この二人は他のメンバーと違って、どちらも素晴らしい人格の持ち主なんですね。 きっとシャルスの優しい気性はセイラによって培われた部分も大きかったのでしょう。 さすがアリエスの母ちゃん そしてアリエスの母、エマ・スプリングの正体は、アリエスの代理母だったんですね。 確かにDNA上の繋がりはないのかもしれない…けれども他のオリジナルどもと違ってエマだけは行方不明になったアリエスのことをとても心配してましたもんね。 まだ赤ん坊のアリエスを慈しむ姿は、もう誰がなんと言おうと母親以外の何者でもなかった。 たとえ王の意向に背くことになったとしても、アリエスを自分の子として引き取る覚悟と愛情の強さは、さすがアリエスの母ちゃん、としか言いようがありませんでした。 いや、ほんとさすがやで。 名前の秘密 アリエスの名前の秘密が素晴らしすぎた。 今回はめずらしくOPがあったんですけど、よく見るとアリエスのときだけスペルがひっくり返ってるんですよね。 ほんと芸が細かいというか…「彼方のアストラ」というタイトルもそうなんですけど、この作品の原作者って一つの言葉に複数の意味をもたせたり、ちょっとした遊びを入れるの好きですよね。 あとから「ハッ」とするようなヤツ…そういうの好きですよエエ。 SEIRAとARIES…どっちもいい名前だわ。 シャルスに悔いる罪などない セイラ暗殺を防ぐことができなかったシャルスは、罰として独房に一年間入れられた挙げ句、ゲノム管理法成立により今度は宇宙で死ね、と命ぜられる。 なんじゃそら。 確かにセイラの暗殺を止めることができなかった点についてはシャルス自身にも悔いる思いはあるだろうけど、決して罰を与えられるようなものではないでしょう。 またシャルス自身も王のクローンなわけだから、どちらかというとシャルスも保護される側なんじゃないの? といっても、ヴィクシア王から見れば、そもそもシャルスの人格なんてあってもなくてもどうでもいい代物なんでしょうけど。 体さえ無事なら中身はどうでもいい。 けれどもゲノム管理法の成立により、その体の価値もなくなってしまった。 それどころか手元に置いておくと危険ですらある…だったら宇宙へポイ捨てだ、ということで今回の隠蔽任務を与えるんですね。 ヴィクシア王って心の底から腐ってるんだな…ってつくづく思いました。 ただ、残念なことにシャルスの価値観もヴィクシアに染まってしまっているもんだから、王の命令を喜んで受けてしまうんですよね。 それが無性に悔しく感じる。 アルティメット・ダイブボム!! まさかのワームホールの2丁持ち……思わず思考停止してしまうような状況の中、全力で阻止せんと疾走するカナタの決断瞬発力がマジスゴイ。 そして第1話以来の必殺技「アルティメット・ダイブボム」が炸裂…ちゃんと言えてましたね。 たとえ裏切り者だったとしても、シャルスはかけがえのない仲間の1人。 そして仲間を助けるための全力本気モードのカナタは熱くて熱くてマジ胸熱。 結果、シャルスは自殺を思いとどまり、カナタは右腕を失うことに……予想を越えるハードな展開にビビリつつも、胸がジーンと熱くなる…「彼方のアストラ」最高。 カナタの『お前は俺の右腕だ』は、作品中でも1、2を争う名台詞だと思う。 素晴らしい「アルティメット・ダイブボム」をありがとう。 まとめ アニメ「彼方のアストラ」第11話「CONFESSION」を視聴した感想について書きました。 シャルスの口から語れる真実は、さまざまな伏線を回収しつつも、新たな闇の勢力の存在を匂わせる不穏な空気ただようものがありました。 とはいえシャルスの告白によって、アリエスの出生の秘密が明らかになり、母エマの愛情が本物だと改めてわかった点についてはとても良かったと思います。 今回の一件で、カナタは右腕を失う事になってしまいましたが、シャルスというかけがえのない友を守れたことは、カナタにとってもシャルスにとってもかけがえのない財産になるに違いない。 もうこれで、アストラ号には裏切り者などという存在はキレイさっぱりなくなったことだし、あとは惑星アストラに帰るのみ! 次週がとても楽しみです。 以上、アニメ「彼方のアストラ」第11話の感想でした!.

次の

【彼方のアストラ】アニメ無料動画の全話フル視聴まとめ

彼方 の アストラ 11 話

アリエスの秘密 シャルスがヴィクシア王のクローンなら、アリエスは王女セイラのクローンだった。 ということは屁理屈を言うと、シャルスはアリエスのお父さん、ということになるんですかね…DNA上は。 ただ、アリエスのオリジナル・セイラは、他のオリジナルどもと違って、幸いなことに腐った気性を持ち合わせてはいなかった。 クローンのことには断固反対していたし、シャルスのことも弟のように思っていた…DNAは父だけど。 セイラとアリエス、この二人は他のメンバーと違って、どちらも素晴らしい人格の持ち主なんですね。 きっとシャルスの優しい気性はセイラによって培われた部分も大きかったのでしょう。 さすがアリエスの母ちゃん そしてアリエスの母、エマ・スプリングの正体は、アリエスの代理母だったんですね。 確かにDNA上の繋がりはないのかもしれない…けれども他のオリジナルどもと違ってエマだけは行方不明になったアリエスのことをとても心配してましたもんね。 まだ赤ん坊のアリエスを慈しむ姿は、もう誰がなんと言おうと母親以外の何者でもなかった。 たとえ王の意向に背くことになったとしても、アリエスを自分の子として引き取る覚悟と愛情の強さは、さすがアリエスの母ちゃん、としか言いようがありませんでした。 いや、ほんとさすがやで。 名前の秘密 アリエスの名前の秘密が素晴らしすぎた。 今回はめずらしくOPがあったんですけど、よく見るとアリエスのときだけスペルがひっくり返ってるんですよね。 ほんと芸が細かいというか…「彼方のアストラ」というタイトルもそうなんですけど、この作品の原作者って一つの言葉に複数の意味をもたせたり、ちょっとした遊びを入れるの好きですよね。 あとから「ハッ」とするようなヤツ…そういうの好きですよエエ。 SEIRAとARIES…どっちもいい名前だわ。 シャルスに悔いる罪などない セイラ暗殺を防ぐことができなかったシャルスは、罰として独房に一年間入れられた挙げ句、ゲノム管理法成立により今度は宇宙で死ね、と命ぜられる。 なんじゃそら。 確かにセイラの暗殺を止めることができなかった点についてはシャルス自身にも悔いる思いはあるだろうけど、決して罰を与えられるようなものではないでしょう。 またシャルス自身も王のクローンなわけだから、どちらかというとシャルスも保護される側なんじゃないの? といっても、ヴィクシア王から見れば、そもそもシャルスの人格なんてあってもなくてもどうでもいい代物なんでしょうけど。 体さえ無事なら中身はどうでもいい。 けれどもゲノム管理法の成立により、その体の価値もなくなってしまった。 それどころか手元に置いておくと危険ですらある…だったら宇宙へポイ捨てだ、ということで今回の隠蔽任務を与えるんですね。 ヴィクシア王って心の底から腐ってるんだな…ってつくづく思いました。 ただ、残念なことにシャルスの価値観もヴィクシアに染まってしまっているもんだから、王の命令を喜んで受けてしまうんですよね。 それが無性に悔しく感じる。 アルティメット・ダイブボム!! まさかのワームホールの2丁持ち……思わず思考停止してしまうような状況の中、全力で阻止せんと疾走するカナタの決断瞬発力がマジスゴイ。 そして第1話以来の必殺技「アルティメット・ダイブボム」が炸裂…ちゃんと言えてましたね。 たとえ裏切り者だったとしても、シャルスはかけがえのない仲間の1人。 そして仲間を助けるための全力本気モードのカナタは熱くて熱くてマジ胸熱。 結果、シャルスは自殺を思いとどまり、カナタは右腕を失うことに……予想を越えるハードな展開にビビリつつも、胸がジーンと熱くなる…「彼方のアストラ」最高。 カナタの『お前は俺の右腕だ』は、作品中でも1、2を争う名台詞だと思う。 素晴らしい「アルティメット・ダイブボム」をありがとう。 まとめ アニメ「彼方のアストラ」第11話「CONFESSION」を視聴した感想について書きました。 シャルスの口から語れる真実は、さまざまな伏線を回収しつつも、新たな闇の勢力の存在を匂わせる不穏な空気ただようものがありました。 とはいえシャルスの告白によって、アリエスの出生の秘密が明らかになり、母エマの愛情が本物だと改めてわかった点についてはとても良かったと思います。 今回の一件で、カナタは右腕を失う事になってしまいましたが、シャルスというかけがえのない友を守れたことは、カナタにとってもシャルスにとってもかけがえのない財産になるに違いない。 もうこれで、アストラ号には裏切り者などという存在はキレイさっぱりなくなったことだし、あとは惑星アストラに帰るのみ! 次週がとても楽しみです。 以上、アニメ「彼方のアストラ」第11話の感想でした!.

次の

海外の反応 【彼方のアストラ】 第11話 完璧な伏線回収! 声優さんたちの演技が素晴らしい

彼方 の アストラ 11 話

刺客の正体が明らかになった……! 戸惑いを隠せないB5班のメンバーたち。 旅の中で絆を深めてきた仲間が、なぜメンバーの一斉殺処分という使命を背負い続けるのか? 仲間の問いかけに、刺客はその出生の秘密と自身を突き動かすに至ったある事件の顛末を語り出す。 海外の反応 今週神回だったなぁ 2. 海外の反応 S〇〇t、また一からやり直しかよ 5. 海外の反応 新キャプテンに挨拶するんだぞ 9. 海外の反応 スタッフ陣は今回のために手を繋ぐシーンを入れたのか 13. 海外の反応 セイラを崖から突き落とした第三の勢力?について説明あるのかな 何か見落としてるだけかもしれないが、犯人が誰なのか全く見当がつかない 顔を隠したってことは恐らく来週明かされる? てかアリエスの名前を思いつくシーンで少し笑ってしまったlol 15. 海外の反応 EDに入るタイミングが完璧すぎた 制作陣に大きな拍手を送りたい 17. 海外の反応 とてもスパイシーなエピソードだった アストラに帰ったらみんなをクローンだと認めてくれるのか気になる 旧時代の記憶を持ってるポリーナの身が危ない気がするんだが大丈夫なのか 19. 海外の反応 That was a good episode! まだまだ謎が沢山ある気がするんだが来週最終回なの? 特にアストラがたった12年でどうやってあそこまで発展できたのか知りたい 20. 海外の反応 いやー非常に濃い回だったね 後はもうアストラに帰るだけかな? 個人的にハッピーエンドで終わってくれたらAOTS(Anime Of The Season)の候補になるかもしれない そして最後に、素晴らしい演技をしてくれてカナタ役の細谷佳正さんに感謝! myanimelist. 77点 2話:7. 71点 3話:7. 62点 4話:7. 62点 5話:7. 59点 6話:7. 58点 7話:7. 59点 8話:7. 61点 9話:7. 75点 なんだかなぁ…なんだろうこのイマイチな感じ…と思ったら、これあれだわ、キャラの行動が全然現実味が無いから本気っぽく見えないんだ。 シャルが前に語ったことはハイ、嘘でしたって言われた直後に今話してる内容が真実って確証ないのにこの前と同じくまた信じ込んで誰も嘘かもと思わない。 シャルにしても、アリエス見つけてまとめて殺そうとする組織がいる以上、自分や周りだけ死んでアリエス帰しても危険じゃん、普通は王女の敵も含めてまだまだシャルは死ぬわけに行かないだろ。 王様がシャルの言う通り自分のクローンとして死ぬように教育して完全に操り人形化できているシャルだからこそ、王女の付き人なんて許してるわけだし、そのシャルの証言を王自身が信じてないってどういうこと? 周囲の他の権力とかの関係でシャルを独房にってことはあっても、王だけはシャルの言うこと信じて暗殺組織潰そうとしそうなもんだけど。 キャラが客観的に正しい情報に基づいて理知的に判断しないから現実味がない……って意味わからんぞ。 むしろ誰もが様々な理不尽やジレンマを抱えていて本心でもなければ破滅的で自滅的な行動を取ってしまうのが多くの人間であって、大人になると更に頭が固くなって変わることができなくなる。 社会の仕組みとか理不尽とかどうにもならない現実に、ワガママとか自分勝手とか青臭さとか決して褒められたものじゃない強引さで逆らって未来や自分を変えることができるのが「若さの特権」だ。 本当は、手遅れとしか思えない年齢になってから変わるやつもわずかにいるにはいるけどな、でも多くの人はプライドが邪魔して変わることができない。 だから、実はこの作品は子供っぽさの武器を最大限に活かしつつ、大人たちの社会問題も絡めて丁寧に調理した正統派の一面も持ち合わせている……と俺はそう思う。 勝手な憶測だが、作者自身がカナタとシャルスの両方の側面を持った人なんじゃないかな。 よーするに過剰な責任と解放されたい自由の間を行ったり来たりしてる感じ。 憶測ついでにものすごくいい加減な例えをするなら日本でプロ野球をやってるときのイチローみたいな。 話が脱線しすぎたが、少なくとも最近のアニメの主流は優等生がちょっと変わったことをやってみましたって感じの数字データでキャラの属性を決め打ちしてるだけってのが多いので、彼方のアストラは、懐古ってわけじゃないが古き良きって言いたくなるようなキャラクター性に見えるので、人間臭さが際立って結果的に他作品に慣れた人が違和感を持つようなことになってるんじゃないか。 つまり「アナログすぎて、デジタルしか知らない人から人間を描けてないと言われる」という逆転現象なんじゃ? やはり「デジタルな部分が欠けていてアナログだらけだから違和感を持っている」という点では見解が一致しているようだな。 で 、繰り返すけど最近の漫画アニメなどは優等生が知能合戦してるようなデジタル特化の不自然なキャラが多いので、つまらなくならないように奇抜な設定をぶっこんでるのが多いように思うぞ。 わかりやすく言えば広義の意味での棒立ちが多いんだよな。 現実の「優秀な」人間がどれくら無茶苦茶なのかは有名人や権力者に関するニュースやスキャンダルを見てればわかるだろ。 ああいうのは無能なんじゃなくて優秀でもあんなものってことだからな。 むしろ動じないのは割と長い時間を無能扱いされて非難を浴びる経験に慣れてるやつくらいだ。 だから、優秀すぎるやつほど失敗に虚弱になるんだよ。 無限のリヴァイアスというアニメがあるが、主人公がたった一人だけ最後まで冷静でいられたのは周囲の人間たちに嫌われまくってひどい目に遭わされ続けていたからだ。 だから集団ヒステリーに同化できず排斥され傍観することしかできなかった。 ゆえに冷静でいられた。 強引にまとめると、孤独に耐えかねた子供たちが同情や共感によって「敵を作らない」という生存戦略を取った今作では、一歩離れて冷静な対処ができる人間が登場しにくい、ということになる。

次の