横井 庄 一 小野田 寛郎。 横井庄一さんのくらしの道具|名古屋市博物館

横井庄一の経歴や学歴は?妻や子供はいる?小野田寛郎との違いも調査!

横井 庄 一 小野田 寛郎

昭和47年 1972 1月24日、グアム島の南部タロフォフォのジャングルで、1人の残留日本兵が発見されました。 この人はタロフォフォ村事務所に保護された後、グアム島警察に移送され、そこで事情聴取されました。 そして、愛知県出身の横井庄一さんと判明しました。 横井庄一さんは大正4年 1915 3月31日、愛知県海部郡佐織村(現愛西市)に生まれました。 昭和5年(1930)から豊橋市の洋服店に洋服仕立て職人として勤務したあと、昭和11年(1936)から名古屋市の実家で洋服仕立業を営んでいました。 昭和13年(1938)5月に最初の召集で日中戦争に従軍し、昭和14年3月に召集解除となり帰国しました。 ふたたび名古屋で洋服仕立業を営んでいましたが、昭和16年8月に2度目の召集を受け、満州へ派遣されました。 そして、太平洋戦争開戦以来日本軍が占領していたグアム島防備のため、昭和19年 1941 3月、横井さんたちの部隊はグアム島に移動しました。 同年7月にはアメリカ軍がグアム島に来襲し、激しい戦いとなりました。 しかし、日米両軍の戦力差は歴然としており、勝ち目がなくなった日本兵はジャングルへ逃げ込みました。 ジャングルの中を移動しながら反撃することもかなわず、日本兵も減少してゆきました。 横井さんたちは戦争が終わったことも知らずに隠れ続け、横井さんのグループも3人になってしまいました。 やがて、仲間の2人も亡くなり、最後の8年間は1人きりでした。 発見されるまでに28年もジャングルにひそんでいたのです。 発見されたとき、横井さんは56歳でした。 1月24日の発見後、横井さんはグアム島のメモリアル病院に移送され、精密検査のため入院することになりました。 やがて到着した日本人医師団とグアム島医師団との協議の結果、病院を転院するという形での帰国が決まり、2月2日に特別機で帰国されました。 帰国した時、「恥ずかしながら生きて帰ってまいりました。 」という横井さんの第一声に、多くの国民は「生きて虜囚の辱めを受けず」と教えた『戦陣訓』を思い出しました。 この展覧会について 下の写真は発見されたとき、横井さんが身に着けていた洋服と背負い袋です。 横井さんは自分で作った洋服を着て、自分で作った袋を背負っていました。 この洋服は、グアム島に自生しているパゴの木から繊維を取って布を織り、洋服に仕立てたものです。 背負い袋もパゴの繊維で作っていますが、肩紐はヤシの繊維でできています。 横井さんは、生活に必要なものは何でも自分で作っていたのです。 発見された日の翌日、1月25日、グアム島警察は横井さんのほら穴を現場検証し、横井さんが自分で作ったくらしの道具を持ち帰りました。 その夜、日本人記者団との最初の会見場にこのくらしの道具も陳列されました。 これを見た記者たちは、横井さんの不断の努力の積み重ね、類い希な創意工夫が一目瞭然だったからでしょうか、その姿に感嘆の声を上げたといいます。 横井さんのくらしの道具は、グアム島に残された一部のものを除き、横井さんとともに日本に運ばれました。 そして、昭和48年6月12日付で、当時の厚生省から横井さんに還付され、同日付で一部を除き名古屋市に寄贈されました。 一部を除かれたのは、やはり、手許に置きたいという気持ちからでしょうか。 名古屋市博物館では、開館に先立つ昭和48年から資料収集に取り組んでいましたが、横井さんのくらしの道具は、名古屋市民からの2番目の寄贈資料でした。 そして、この時に除かれた一部も昭和53年(1978)に名古屋市博物館に寄託され、平成5年(1993)7月29日に本館に寄贈されました。 本館では、資料整理の後、「600-1横井庄一生活資料」「600-2横井庄一生活資料」の番号と名称を付し、保存しています。 これまでも、一部を特別展や常設展の「話題のコーナー」で展示、紹介してきました。 また、館外への貸出や出版物などへの写真提供にも対応してきました。 しかし、その全貌を紹介するということはありませんでした。 今回の企画展では、この横井庄一生活資料64件92点をすべて紹介します。 道具から見えるグアム島でのくらし Bグループは、飯盒(はんごう)や水筒などを横井さんが解体、改造したもので、本来の形状や用法とは異なるものとなったものです。 金属製品を切断、加工したものが多く見られました。 なかでも、鍋はいくつかの種類があります。 飯盒を改造した口の広い手提げ鍋、水筒を改造した深くて蓋(ふた)付きの鍋、水筒を切断した食器は、水筒の口の部分に竹を差せばフライパンにもなり、切断した側板は蓋にも皿にもなりました。 金属製品を切断した部分は、すべてに縁取りが施されています。 ケガを防ぐ意味が大きかったのでしょうが、職人の意地を垣間みるかのような丁寧さです。 このグループには、ヤシ油を灯したオイルランプなどのように、元の姿が判然としないものもあります。 火を保存することが大切なくらしの中で、ヤシの繊維のロープは火縄としてなくてはならないものでした。 ヤシの繊維のかたまりとロープを見れば、職人としての横井さんの修行がどのようなものだったのか一目瞭然でしょう。 方形にかたどられたヤシの繊維は素材を大切に取り扱う職人の姿を彷彿とさせます。 完成したロープはラグビーボールのように巻き取られています。 その姿には美しさを感じ取ることもできます。 横井さんが美を意識したかどうかは分かりませんが、丁寧に巻き取る努力はあったにちがいありません。 このような職人としての心構えは、グアム島での横井さんの毎日を支え、励ましたにちがいありません。 ヤシの繊維では草履(ぞうり)を作ることもできました。 この草履は半年ほどはくことができたといいます。 パゴの木の繊維では腐ってしまうということです。 目的によって繊維を使い分けていたのです。 このグループのハイライトの一つがエビやウナギを取るためのウケです。 このウケもグアム島の竹を編んだもので、ヤシ殻の蓋を付け、シュロの縄を用いたものです。 乾燥させた食糧を貯蔵する籠には竹製と竹皮製があります。 ほら穴の周りにも豊富に自生し、加工しやすい竹はさまざまに利用することができました。 もう一つのハイライト、職人としての真骨頂を示しているのがパゴの木の繊維で作った洋服です。 半袖半ズボンと、長袖長ズボンの上下2着があります。 ボタン穴、ベルト通しなど、洋服職人の面目躍如といえるものです。 この洋服は、パゴの木の繊維を取るところから始めると、1着作るのに半年かかったといいますが、「服ができてからよりも、作っているときの方が幸せだった。 」と、ものづくりの楽しさや毎日するべき仕事があるという生きがいの大切さを、横井さんが話してくれたことを忘れることができません。 横井さんのくらしの道具は人が生きていく上で大切なことを教えてもくれます。 パゴの木から繊維を取ることは、現地の人々がパゴの木の繊維で南京袋のような袋を編むところを見たことがあるのだといいます。 前述の鋳掛けといい、パゴの木の繊維といい、横井さんの記憶の良さとともに、それを現実のものにできたところに、横井さんの生きる力と、生き抜く努力を見る思いがします。

次の

『ONE PIECE』作者の一言で記憶に甦った、横井庄一さんら帰還兵のその後

横井 庄 一 小野田 寛郎

人間の生きる原点が書かれています。 塩はまるでなかった。 ・・天然のモノの中に少しずつでも塩分はあるにちがいない。 そう信じることにしていた。 」 これによって、人間は塩がなくても28年間も生きていけることが証明された。 ゲルソン療法の無塩の食事も、これで心配なくチャレンジできるというものだ。 P138「このごろの人は、困り方が足りないんだと思う。 だからくだらないことで甘えるんだよ。 子供だってそうだ。 ・・心底困り果てた時は決まって神や仏が助けてくれるものだと思う。 本当に困らないと助けてくれない。 ・・本当に困り果てた人間には神や仏が知恵を浮かばせてくれるんだと思うよ。 」 この部分が、この本で一番言いたいことだったのでしょうし、 私もこの部分を読むだけのために購入しました。 そのほかの部分は流し読んだだけですが、 かなり濃い内容で、どれも生き抜くすべが凝縮されています。

次の

横井庄一の経歴や学歴は?妻や子供はいる?小野田寛郎との違いも調査!

横井 庄 一 小野田 寛郎

『ONE PIECE』(集英社)89巻の作者コメントで「みんなでごはん食べる時 最後に一つ大皿にぽつんと残ってるからあげとかあるよね。 あいつに名前をつける事にしました。 横井軍曹と。 『横井軍曹残ってるよ!誰か戦争を終わらせて!』的な。 分からないちびっ子は調べてね」と書いたことで、「不謹慎だ!」と叩かれたのです。 思わぬかたちで世間の関心を再び集めた横井さんが、28年にも及ぶグアムでの潜伏生活を経て母国の土を踏んだのは今から46年前、1972年のこと。 帰国して放った第一声「恥ずかしながら帰って参りました」は、当時の流行語にもなりました。 横井さんが、歩兵第38連隊の陸軍伍長としてグアムへ渡ったのは1944年。 同年7月25日、上陸した米軍に追い詰められ、日本兵のほとんどが戦死か自決によって死亡。 残った日本兵も島を制圧した米軍に徹底抗戦を試みるも、やはりことごとく玉砕。 横井さんは生き残った仲間と共に掘っ建て小屋を転々とするのですが、米軍の襲撃が繰り返され、やがて地下に潜るしかないと考え、穴を掘って潜伏生活をするようになります。 そして時を経て1972年1月24日、食糧獲得のために罠を仕掛けようとしていたところを、現地の村人に発見・確保され、日本へ帰還するに至ったのです。 帰国当時、すっかり疲れ果ててくたびれた様子だった横井さんとは違い、長きに渡って身を潜めていた人間とは思えないほど鋭い眼光を放ち、全身に粛然とした雰囲気をまといながら一点を見据えて敬礼する小野田さんに、まるで旧大日本帝国軍人が30年前からタイムスリップしたような錯覚を受けて、衝撃を感じたという人も多いのではないでしょうか。 陸軍中野学校二俣分校でゲリラ戦術・破壊工作を短期ながら徹底的に叩き込まれた小野田さんは、ルバング島にて師団長横山静雄陸軍中将から「玉砕はまかりならぬ、最後の1人になっても戦え」と指令を受けて任務を遂行。 1945年10月、米軍の勧告で小野田さんのグループ以外の日本兵は投降するも、小野田グループの3人のみが残り、以降、孤独な戦いを続けることになります。 1960年ごろには、残留日本兵発見の報告を受けた日本政府による呼びかけが実施されるも、「終戦を欺瞞」と断言し、一切応じることはなかったといいます。 しかし、2人いた仲間を失い、孤独感を深めていた時に冒険家・鈴木紀夫の説得、さらには上官からの任務解除・帰国命令を受けて帰還することになったのです。 帰還後、対照的な人生を歩む2人 帰還後の2人の人生は対照的です。 まず横井さんですが、28年前の日本しか知らない彼が、果たして高度経済成長で目覚ましい発展を遂げ、様相も風習もすっかり変わった今の母国に馴染めるのか心配されたものの、すんなり順応します。 帰国した年にはお見合いをしてその日のうちにプロポーズし、結婚しています。 その後は、グアムでの経験を生かして耐乏生活評論家及び生活評論家として講演活動などに精を出し、1997年に82歳で世を去りました。

次の