文字 列 カウント エクセル。 エクセルで文字数をカウントする方法(特定の文字列も含む)

【Excel】エクセル内の特定の文字をカウントする方法

文字 列 カウント エクセル

COUNTIF関数とワイルドカードを使ったサンプル 下は日本全国の市町村名が入力されているシートです。 ここから「先頭に川が付く市」をカウントします。 川口市や川崎市などがカウント対象になります。 ワイルドカードの部分には文字がなくても構いません。 例えば「川市」でもカウントできます。 、 「川を含む市」をカウントします。 薩摩川内市などがカウント対象になります。 ワイルドカードの部分には文字がなくても構わないので、川越市も桜川市もカウントされます。 「最後が川市」の複数の文字をカウントします。 この場合も上と同様で、1つの文字と変わりません。 旭川市や須賀川市などがカウント対象になります。 ワイルドカードの部分には文字がなくても構わないので、川市でもカウントされます。

次の

エクセル関数使用で赤色数字をカウントしたい

文字 列 カウント エクセル

COUNTIF関数について~基本編~ エクセルでカウント関連の関数を使用する機会は多くあります。 中でも、1つの条件を満たすセルの数をカウントするCOUNTIF関数と複数の条件を満たすセルをカウントするCOUNTIFS関数を使う機会が多いようです。 ここでは、COUNTIFとCOUNTIFS関数の基本を解説します。 ・ 範囲…セルを数えたい範囲が入ります。 ・ 検索条件…ここで指定した条件に当てはまるセルの数をカウントします。 文字条件の場合は大文字・小文字の区別はありません。 【手順】• 「数式」タブをクリックします。 リボン内の「関数の挿入」をクリックします。 COUNTIFを検索で探して、選択して「OK」をクリックします。 「関数の引数」ダイアログボックスが表示されますので、「範囲」を指定します。 セル範囲をドラッグで指定できます。 直接入力することもできます。 複数の「範囲」と「検索条件」を指定して全ての条件に適応するセルをカウントします。 手順は、COUNTIF関数を参考にして、「範囲」と「検索条件」を交互に入力するまたはセルを指定します。 いずれの関数も使いこなせば便利で役立つ関数ですので、簡単な表から使ってみるとよいかもしれません。 COUNTIFS関数について~応用編~ エクセルでカウント関連の関数を使用していくと、複数の条件を指定してカウントしたい場合もあります。 【例文】COUNTIFS関数で中央区の60歳以上をカウントします。 【手順】• 「検索条件範囲1」を指定します。 今回は「居住区」から中央を検索しますので、D列の2~8を選択します。 「検索条件範囲2」を指定します。 60歳以上を検索しますので「年齢」C列の2~8を選択します。 カウントされたセル数が「2」と出ていますので、関数にエラーはありません。 「OK」をクリックします。 OR条件を指定する場合は、COUNTIFS関数をプラスすると便利に使えます。 たとえば、60歳以上と5歳以下を検索する場合は次のような関数になります。 この数式と60歳以上数式をプラスすることによって表の中から5歳以下と60歳以上の人数を計算してくれます。 この例文では、COUNTIF関数でも同じ結果になりますが、COUNTIFS関数を使うことで応用が効くようになります。 COUNTIFS関数は、複数の検索条件を組み合わせれば様々な計算に役立つ関数ですが、応用すればリストの重複数も調べることができます。 上の表のG3セルにCOUNTIFS関数を入力します。 「大野」が入力されているセルを検索するので答えは1です。 重複が見つかった場合は、2以上が表示されます。 ちなみに、重複数を出すのではなく、重複を削除したいなら「データ」タブの「重複の削除」が簡単です。 このようにカウント関連の関数を上手に活用すれば能率よく作業できることがたくさんありますので、チャレンジする価値があるのではないでしょうか。 さまざまなCOUNT関数 エクセルのカウント関連の関数には、いくつかの種類と特徴があります。 空白セル、または空白セル以外をカウントする関数や文字列をカウントする関数などもあります。 便利に使いこなすためにも、まずは、どのような関数なのか概略を知っておくと自分の目的にあった関数を選ぶことができます。 COUNT関数・COUNTA関数 カウント関連の関数の中でベースになるのがCOUNT関数です。 この関数は、数値が入力されているセルの個数をカウントする関数です。 使い方は、とても簡単です。 上の画像の表で延べ参加人数を求める場合は、ダイアログボックスの「値」の欄に表の範囲を指定するだけで、数値が入ったセルの個数がカウントされます。 ただし、数値以外の文字列が入ったセルは数えられません。 数値以外の文字列の入った参加者をカウントする場合は、「COUNTA関数」を使います。 COUNTA関数は空白以外のセルの個数をカウントしてくれます。 上の表では見て数えれば6人と簡単にわかりますが、人数が多い場合にはとても重宝する関数です。 COUNTBLANK関数 COUNTBLANK関数は、空白セルの個数をカウントする関数です。 関数のダイアログボックスの範囲にセルを指定するだけで求めることができます。 DCOUNT関数 DCOUNT関数は、表やデータの中で複数の条件に適合するセルの個数をカウントする関数です。 ただし、カウントできるのは数値のみですので、指定する項目には数値が入力されている必要があります。 DCOUNTA関数 DCOUNT関数では、数値のみのカウントでしたが、DCOUNTA関数なら文字列や数式と数値が入ったセルの個数をカウントできます。 複数条件に適合するセルの個数を数えることはDCOUNT関数と同じです。 COUNTIFS関数とDCOUNTA関数の機能はほぼ一緒です。 違うのはDCOUNTA関数の場合、検索条件を別表に作成する必要があるものの、ORやANDの組み合わせが簡単になるのがDCOUNTA関数です。 SUMPRODUCT関数 SUMPRODUCT関数はSUM系の関数で、要素間の積を計算してから合計してくれる関数です。 少し難しい関数ですが、ANDなどを利用すれば複数の条件でカウントしてくれる関数です。 いかがでしたでしょうか?COUNT関数は、COUNTIF関数をはじめとしてさまざまな関数があります。 もちろん一度にすべて覚えるのは大変かと思います。 ひとつずつ、必要なものから習得し、エクセルの作業効率化を目指していきましょうね。

次の

エクセル関数使用で赤色数字をカウントしたい

文字 列 カウント エクセル

こんばんは。 たぶん、ご質問のアプリはExcelだとは思いますが、もし違うようなら、指定してください。 非表示の行はカウントしない、検索する文字列の数を数えるマクロ・またはユーザー定義関数。 たぶん、CountIf を組み合わせれば、それも可能になると予想はできますが、VBAですと、このようにすぐにワイルドカードが使えます。 EntireRow. こちらで、確認した限りでは、直ちに終了し、無限ループにはなりません。 恐らく、私が提示したソースの前か後に、無限ループの原因があるかと思われます。 参考までに、こちらで、確認したプロシージャです。 標準モジュールに登録しています。 EntireRow. 1.無限ループになるあなたのマクロを提示していただけますでしょうか。 (1部分ではなく、私が提示したように、プロシージャ全体を提示してください。 ) 2.そのプロシージャは、標準モジュールに登録していますか。 それとも、シートモジュールでしょうか。 No2です。 こちらで、確認した限りでは、直ちに終了し、無限ループにはなりません。 恐らく、私が提示したソースの前か後に、無限ループの原因があるかと思われます。 参考までに、こちらで、確認したプロシージャです。 標準モジュールに登録しています。 EntireRow. blogspot. hatenablog. >goo と google などが区別できません ヒットする候補を入力規則で表示しているだけなので、「g」や「goo」では両方とも候補に表示されるのは当然ではないでしょうか。 「goog」まで入力すれば、gooは候補から削除されます。 ただし、こちらは語頭で検索してはいないようなので「oo」の入力でも「goo」「google」の両方ともヒットしてしまうようです。 個人的には、語頭限定で検索してくれた方が使いやすいように思いますが・・・ いずれにしろ、入力規則を利用しているためか、リスト表示させるのにリターンキーの押し下げなどが必要になるようで(VBA中にはリストを自動表示している節がありますが、未確認です)、ウェブグラウザなどの一般的なサジェストに比べてしまうと使い勝手は劣る印象です。 >2番目の方の動かし方を教えていただきたいです 説明文にあるように、それぞれのマクロをを所定のモジュールへコピペ。 ) サイトの記事の下方に、いろいろ注意事項が記載されていますので、そちらも読んでおいた方が宜しいかと。 こんにちは ちゃんと内容は見ていませんが、とりあえずいろいろ修正をしていると思われる2番目の方だけ試してみました。 >goo と google などが区別できません ヒットする候補を入力規則で表示しているだけなので、「g」や「goo」では両方とも候補に表示されるのは当然ではないでしょうか。 「goog」まで入力すれば、gooは候補から削除されます。 ただし、こちらは語頭で検索してはいないようなので「oo」の入力でも「goo」「google」の両方ともヒットしてしまうようです。 個人的には、語頭限定で検索してく... ken3. html このような感じでいけるのかな? A ベストアンサー こんにちは。 3の話は、少しずれていたような気がします。 「DocuWorks」は興味があるのですが、今ひとつ分かっていません。 「DocuWorks」は、富士ゼロックスの複合機を前提としたソフトウェアなのでしょうか? そうすると、今回の話は、私は見誤っていたかもしれません。 これは、「読取革命」の問題ではなくて、すでに、OCRが通っているからだと思います。 pdf 化する時に、「DocuWorks」は、「e. Typist」というOCRで変換されているはずです。 本当は、OCRで、pdf 化すること自体では、文字化けというのはありえないことなのです。 理由は、レイアー構造で、表面は画像が載り、下に透明テキストが入るからです。 ただ、その時に、「e. Typist」では、pdf化する時に、表面画像自体を劣化させます。 それで、あまり周辺的な話を長引かせても混乱するだけなので、私自身の考えをまとめますと、 「DocuWorks」や複合機で、FAXデータを、jpeg ,bmp, tiff などのOCRソフトで読める出力があれば、別のOCRソフトは生きますが、「DocuWorks」直結の形にしかならないのでしたら、他のOCRは生きないし、今の流れの中で、たぶん、Excelファイル形式の出力がありますから、それを利用していくしか選択肢はないものだと思います。 sblo. html 今回の参考にしました。 こんにちは。 3の話は、少しずれていたような気がします。 「DocuWorks」は興味があるのですが、今ひとつ分かっていません。 「DocuWorks」は、富士ゼロックスの複合機を前提としたソフトウェアなのでしょうか? そうすると、今回の話は、私は見誤っていたかもしれません。 これは、「読取革命」の問題ではなくて、すでに、OCRが通っているからだと思います。 pdf 化す... エクセルのA6以降の行に人物名、B6以降の行にその人物の説明文を表にしたものがあり、説明文中に含まれるワードを入力すると、該当する人物とその説明文が上詰めで表示 該当しないものは非表示 されるようにしたいと考え、それをVBAで書こうとしています。 のようにしたくて、以下のように書きました。 しかし、下記プログラム3行目でコンパイルエラーが出ました。 文法が間違っているのか、そもそも、Select Case文を使うこと自体が不適切なのか、調べてもわからないので教えてください。 以下、試しにSelect Case文を使って書いたものですので添削して頂けないでしょうか。 投稿前はプログラムの改行や行前のスペースを空けていますが、投稿後なぜか反映されません、無視してください。 Option Explicit Sub オートフィルターによる抽出 Select Case Range "E2". Value, Range "E3". Value, Range "F2". Value Case Is Range "E2". Value Range "A6". Value and Range "E3". Value Range "A6". Value and Range "F2". Value Range "A6". エクセルのA6以降の行に人物名、B6以降の行にその人物の説明文を表にしたものがあり、説明文中に含まれるワードを入力すると、該当する人物とその説明文が上詰めで表示 該当しないものは非表示 されるようにしたいと考え、それをVBAで書こうとしています。 A ベストアンサー No3です。 (マッチしないと表示対象外となります) その為、B10の内容が、"熊本県出身の国会議員"となっていると、マッチしません。 これは、望んだ結果ではないでしょう。 従って、 国会議事堂・・・・マッチする 国会・・・・・・・マッチする 熊本県出身の国会議員・・・・マッチせず となります。 通常国会・・・・マッチする 国会議事堂・・・マッチする 国会・・・・・・・マッチする 熊本県出身の国会議員・・・・マッチする No3です。 あなたの現状の理解の程度が不明なので、基本... Q マクロ初心者で何もわかっておらず恐縮ですが、以下の内容に修正したいのでご教授お願い致します。 追加して下さい。 "と表示 検索する値はsheet2,3,4のB列に1つのみ存在、もしくは存在しないの2通りです。 sheet2に複数や、sheet3とsheet4にもあるといったことは起こりえないのが前提です。 下記のマクロを作成したのですが、ほぼ知識がない状態なのでここからどうしていいかわかりません。 Value If Foundcell Is Nothing Then MsgBox "該当がありません。 追加して下さい。 " Else Foundcell. EntireRow. Select End If End Sub 何卒よろしくお願い致します。 マクロ初心者で何もわかっておらず恐縮ですが、以下の内容に修正したいのでご教授お願い致します。 追加して下さい。 "と表示 検索する値はsheet2,3,4のB列に1つのみ存在、もしくは存在しないの2通りです。 sheet2に複数や、sheet3とsheet4にもあるといったことは起こりえないのが前提です。 下記のマク... A ベストアンサー こんばんは! 一例です。 Range "B:B". Activate c. EntireRow. ミリ秒間隔で処理を呼び出したいので、SetTimerを用いることにしました。 STARTボタンとSTOPボタンを用意し、 STARTボタンをクリックすると、 タイマーをセットし、 100ミリ秒間隔で 処理 nextCell を呼び出すようにしています。 そしてこの処理 ルーレットのように複数のセルが順番に点滅する は上手くいきます STOPボタンをクリックしたときは、TimerStopを呼び出し、KillTimerしています。 ここで、STOPボタンをクリックするたびに、EXCELが実行時エラー50290で異常終了します。 ネットで調べてみたのですが、リンク先のページが見つからなかったりで、よくわかりません。 ちなみに、100ミリ秒間隔を 300ミリ秒間隔にすると、10回中9回くらいは上手くいくのですが、 1回程度はEXCELが実行時エラー50290で異常終了します。 EXCELのバージョンは2013 OSはWindows7 Pro(64ビット を使用しています。 ソースコードは以下の通りです。 Sub nextCell '同じセルを点滅させるだけ Cells 1, 1. Interior. Interior. EXCELのマクロを用いてルーレットの様なプログラムを作っています。 ミリ秒間隔で処理を呼び出したいので、SetTimerを用いることにしました。 STARTボタンとSTOPボタンを用意し、 STARTボタンをクリックすると、 タイマーをセットし、 100ミリ秒間隔で 処理 nextCell を呼び出すようにしています。 そしてこの処理 ルーレットのように複数のセルが順番に点滅する は上手くいきます STOPボタンをクリックしたときは、TimerStopを呼び出し、KillTimerしています。 ここで、STOPボタンをクリックする... Q はじめまして。 マクロの処理速度について教えて頂きたいです。 現在、ボタンクリックにて実行される2つのマクロを作成しています。 1つ目のマクロで、ボタンクリックされると表1より転記にて表2を作成し、 最後に2つ目のマクロ サブルーチン を呼び出しています。 2つ目のマクロ サブルーチン では、作成した表2を参照して 更に別の表3を作成しています。 Range "A1:I5000". Cells Rows. Count, "A". End xlUp. いずれにしろ、このような方法をとると、添付図の赤線で囲んだ箇所ができるのではないでしょうか。 罫線は、データがある行までのほうが良いかと思います。 つまり、赤線で囲んだところは、罫線がない方がよいかと思います。 そのようにする方法は、データを作成完了後に罫線をマクロで引く方法です。 goo. html 「年度別にカウントする転記マクロについて」で回答します。 Range "A1:I5000". Q こんばんは。 Excel2013VBAで質問があります。 以下の正規表現で1桁と2桁の両方の数字(9と10)を取得したいのですが、1桁は取得しますが、2桁の時は数字の後ろの1桁しか取得しません。 Dim reg As New RegExp Dim result As String reg. Print result 頭と後ろの文字を後で使用したいので上のやり方の方が便利なのですが、この方法では1桁と2桁の混在に柔軟に対応させることは無理なのでしょうか? やりたいのは、数字を取得し、1を追加して翌月に変えて、最後に全部足して戻す、みたいなことをしたいです。 reg. Execute "実験9月" reg. 最初のやり方が無理なら、簡単にできるよい方法があるでしょうか? 申し訳ございませんが、文字数が変化しても変更なしで対応できる正規表現で行うやり方でお願いします。 こんばんは。 Excel2013VBAで質問があります。 以下の正規表現で1桁と2桁の両方の数字(9と10)を取得したいのですが、1桁は取得しますが、2桁の時は数字の後ろの1桁しか取得しません。 Dim reg As New RegExp Dim result As String reg. Print result 頭と後ろの文字を後で使用したいので上のやり方の方が... A ベストアンサー 正規表現を以下の様に変更してください。 」を使用します。

次の