愛子 さま。 愛子さま2019の真実裏と悠仁さまの目つき!女性天皇の選択肢ない?

愛子さま 蚕飼育10年の衝撃「まさか続けられていたなんて…」

愛子 さま

(C)JMPA 4月19日に予定されていた秋篠宮さまの「立皇嗣の礼」。 政府は14日に閣議で延期を決定した。 新たな開催時期は、早くても秋以降になる見込みだという。 さらに、皇位継承策についての議論も先送りになるという。 菅官房長官は14日の記者会見で、皇位継承の議論は一連の儀式を終えてから始めるか問われ「基本的にはそういう形だ」と認めた。 立皇嗣の礼の延期が閣議決定された翌日の4月15日、産経新聞が《皇位継承で『旧宮家復帰』聴取 政府が有識者ヒアリングで》と報じた。 内閣官房の職員が、旧宮家男子の皇籍復帰に関する考えを有識者らに尋ねているというのだ。 旧宮家とは、1947年に皇籍を離脱した11宮家のこと。 現在の皇室には悠仁さまお一人しかいない、20代以下の「未婚の男系男子」だが、旧宮家には7人ほどいるといわれている。 そのため、女性・女系天皇に反対する一部の保守派は「旧宮家の皇籍復帰」を求めている。 驚くべきは、政府が検討しているという旧宮家男子の「皇籍復帰の方法」だ。 産経新聞の報道によれば、「現存する宮家に養子に入る」「皇籍取得」のほかに「旧宮家の未婚の男子が内親王と結婚」という方法についても有識者に考えを聞いたというのだ。 「是が非でも男系による継承を維持しようとする現在の政権の思惑が見え隠れしています。 現在、内親王は愛子さまと、眞子さまと佳子さまのお三方だけ。 しかし眞子さまは小室圭さんとの婚約が内定しています。 つまり旧宮家の未婚の男子と結婚する可能性があるのは、愛子さまと佳子さまだけです。 「そもそも『旧宮家男子の皇籍復帰』は一度、完全否定されているのです」 そう語るのは、皇室ジャーナリスト。 さらに有識者会議は、現在の皇室と旧宮家の共通の祖先は約600年もさかのぼり、極めて遠い血筋であるため《これらの方々を広く国民が皇族として受け入れることができるか懸念される》と指摘していた。 「一般人として暮らしてきた旧宮家の男性が急に皇籍復帰しても、国民は納得しないでしょう。 しかし、愛子さまと旧宮家の男性が結婚すれば、そのお子さまは『男系』ということになります。 『男系』に固執する安倍政権は、そのように考えたのかもしれません」(前出・皇室ジャーナリスト) はたして「内親王と旧宮家の男子との結婚」は、安定的な皇位継承につながるのだろうか。 象徴天皇制を研究する名古屋大学大学院准教授の河西秀哉さんは、次のように指摘する。 上皇陛下と美智子さまの結婚、天皇陛下と雅子さまの結婚、それらは『恋愛結婚』でした。 だからこそ世間の風潮と合い、国民から支持されたのだと思います。 ところが『旧宮家の未婚の男子が内親王と結婚』という案は、本人たちの意思とは関係なく、家を守るためだけに結婚させられたという印象を与えかねません。 前時代的なやり方だと見られてしまうのではないでしょうか」 雅子さまが外交官としての夢半ばにして皇室に嫁がれたのは、ひとえに天皇陛下の一途なご求愛があったからだった。 「雅子さまが一人の母親として願われているのは、愛子さまにも、結婚相手は自分の気持ちで決めてほしいということでしょう。 しかし、皇族は政治的な言動を禁じられています。 政府が検討する皇位継承策について、天皇陛下や雅子さまがご意見を表明することはできないのです。 しかし、これを封印してしまったのはほかでもない、翌年政権の座についた安倍首相だった。 「女性自身」2020年5月5日号 掲載.

次の

愛子さまと悠仁さま、入学報道で「明暗」くっきり

愛子 さま

第二外国語にスペイン語を選択 今春学習院大学文学部に進学された天皇陛下の長女・愛子さま。 同大学は前期中、オンラインでの遠隔授業が行われており、愛子さまもお住まいの赤坂御所で私室で過ごされることが多いという。 そんな愛子さまの近状が伝わっている。 宮内庁は25日、愛子さまが大学で学ばれる語学について、必修の第二外国語としてスペイン語を選択されたことを公表した。 「陛下のスペイン語講師であるカルロス・モリーナ氏から、愛子さまも講義を受けられてきたそうです。 初めて愛子さまに指導を行ったのは、まだ6歳のときだったとか。 スペイン語は愛子さまにとって非常に馴染み深い言語だと言えます」(皇室記者) 愛子さまにスペイン語の学習を進められたのは陛下だったという。 女性セブンの取材に対し、モリーナ氏は以下のように語っている。 授業は、例えば『色について』などテーマを決め、楽しみながらスペイン語に触れ、覚えてもらうという形を取りました。 教科書に頼らない、遊びながらの学習です。 陛下が愛子さまに事前にスペイン語の文法を教えられていたので、楽しくご参加いただけたのだと思います 女性セブン2020年6月11日号 オランダ語やフランス語も習熟 また、すでに愛子さまは英語に関してはネイティブレベルにまで習熟されておられるようだ。 「女子高等科2年生の夏休みに、イギリスの貴族などが通う名門私立・イートン校でサマースクールに参加されたご経験も。 このサマースクールでは日本語での講義は無く、基本的に御学友らとも英語でのコミュニケーションのみが許されているんだとか。 愛子さまは通訳を介さず英語で王女夫妻に質問などをされ、当意即妙なコミュニケーションを取られました」(同前) さらに、愛子さまは英語だけでなくオランダ語やフランス語も高いレベルで習熟されている。 「愛子さまの文通相手として、天皇ご一家が家族ぐるみでお付き合いをされるオランダ王室のアマリア王女がいます。 またフランスの学習も中学校から本格的に始められ、すでに読み書きや日常会話でのコミュニケーションならば難なくこなせるレベルにまで達しているとか」(同前) 愛子さまと張り合う必要など本来ならばありません。 むしろ不敬です。 一宮家として、最低限天皇御一家を支える姿勢を見せてほしいものですが、秋篠宮家には全く期待出来ないでしょう。 それもこれも、平成の頃にマスコミや宮内庁が美智子・紀子に忖度して秋篠宮家をことさらに持ち上げ、皇太子御一家 当時 をないがしろにし続けてきた弊害でしょう。 だから紀子は、あたかも自分が天皇御一家に対してものを言ってもよい立場であり、皇位継承権を持つ男子を二人も抱える秋篠宮家の方が偉い、と盛大に勘違いしてしまったのでしょう。 これは大変に罪深い事態です。 忖度報道したマスコミ関係者や宮内庁は、川島紀子という人間をここまでのモンスターに増長させる要因となったことを深刻に受け止めるべきです。 もはや取り返しがつかないですがね… 何て言うか… 天皇皇后両陛下は、本当に敬宮愛子さまが「どのような立場になっても」困らないように、しっかりとお育てになってたんだな…と感動しました。 幼い頃からヨーロッパの王族方とも親交を深め、まさしく本来ならば「皇太子」と呼ぶべき人生を、愛子さまは生きておられたのだな、とこの記事で確信させていただきました。 ありがとう。 愛子さまは、皇太子になっても、また天皇になっても、立派に日本の象徴としてのつとめを果たされると思います。 両陛下が手塩にかけて、そのようにお育てしてくださったからです。 そのためには、まず皇室典範を改正し、男子限定縛りを解消しなければならない。 愛子さまを皇太子に望む多くの国民は、日本会議や一部の皇族の政治介入に屈しない、芯のある政治家を、選挙で選ばなければなりません。 生きる希望が湧いてきた。 令和新聞さん、色々圧力を受けて苦労しておられるでしょうが、今回については心からお礼を述べさせて頂きます。

次の

愛子さま(18才、JK3年、天皇の娘、偏差値70超)|5chまとめのモネッス

愛子 さま

第二外国語にスペイン語を選択 今春学習院大学文学部に進学された天皇陛下の長女・愛子さま。 同大学は前期中、オンラインでの遠隔授業が行われており、愛子さまもお住まいの赤坂御所で私室で過ごされることが多いという。 そんな愛子さまの近状が伝わっている。 宮内庁は25日、愛子さまが大学で学ばれる語学について、必修の第二外国語としてスペイン語を選択されたことを公表した。 「陛下のスペイン語講師であるカルロス・モリーナ氏から、愛子さまも講義を受けられてきたそうです。 初めて愛子さまに指導を行ったのは、まだ6歳のときだったとか。 スペイン語は愛子さまにとって非常に馴染み深い言語だと言えます」(皇室記者) 愛子さまにスペイン語の学習を進められたのは陛下だったという。 女性セブンの取材に対し、モリーナ氏は以下のように語っている。 授業は、例えば『色について』などテーマを決め、楽しみながらスペイン語に触れ、覚えてもらうという形を取りました。 教科書に頼らない、遊びながらの学習です。 陛下が愛子さまに事前にスペイン語の文法を教えられていたので、楽しくご参加いただけたのだと思います 女性セブン2020年6月11日号 オランダ語やフランス語も習熟 また、すでに愛子さまは英語に関してはネイティブレベルにまで習熟されておられるようだ。 「女子高等科2年生の夏休みに、イギリスの貴族などが通う名門私立・イートン校でサマースクールに参加されたご経験も。 このサマースクールでは日本語での講義は無く、基本的に御学友らとも英語でのコミュニケーションのみが許されているんだとか。 愛子さまは通訳を介さず英語で王女夫妻に質問などをされ、当意即妙なコミュニケーションを取られました」(同前) さらに、愛子さまは英語だけでなくオランダ語やフランス語も高いレベルで習熟されている。 「愛子さまの文通相手として、天皇ご一家が家族ぐるみでお付き合いをされるオランダ王室のアマリア王女がいます。 またフランスの学習も中学校から本格的に始められ、すでに読み書きや日常会話でのコミュニケーションならば難なくこなせるレベルにまで達しているとか」(同前) 愛子さまと張り合う必要など本来ならばありません。 むしろ不敬です。 一宮家として、最低限天皇御一家を支える姿勢を見せてほしいものですが、秋篠宮家には全く期待出来ないでしょう。 それもこれも、平成の頃にマスコミや宮内庁が美智子・紀子に忖度して秋篠宮家をことさらに持ち上げ、皇太子御一家 当時 をないがしろにし続けてきた弊害でしょう。 だから紀子は、あたかも自分が天皇御一家に対してものを言ってもよい立場であり、皇位継承権を持つ男子を二人も抱える秋篠宮家の方が偉い、と盛大に勘違いしてしまったのでしょう。 これは大変に罪深い事態です。 忖度報道したマスコミ関係者や宮内庁は、川島紀子という人間をここまでのモンスターに増長させる要因となったことを深刻に受け止めるべきです。 もはや取り返しがつかないですがね… 何て言うか… 天皇皇后両陛下は、本当に敬宮愛子さまが「どのような立場になっても」困らないように、しっかりとお育てになってたんだな…と感動しました。 幼い頃からヨーロッパの王族方とも親交を深め、まさしく本来ならば「皇太子」と呼ぶべき人生を、愛子さまは生きておられたのだな、とこの記事で確信させていただきました。 ありがとう。 愛子さまは、皇太子になっても、また天皇になっても、立派に日本の象徴としてのつとめを果たされると思います。 両陛下が手塩にかけて、そのようにお育てしてくださったからです。 そのためには、まず皇室典範を改正し、男子限定縛りを解消しなければならない。 愛子さまを皇太子に望む多くの国民は、日本会議や一部の皇族の政治介入に屈しない、芯のある政治家を、選挙で選ばなければなりません。 生きる希望が湧いてきた。 令和新聞さん、色々圧力を受けて苦労しておられるでしょうが、今回については心からお礼を述べさせて頂きます。

次の