モールス 信号 変換。 <モールス(CW)通信の上達に役立つ>日本のハムが開発したフリーソフト「Lerning Morse」「CW MANIA」に注目!

[Python]77行で作るモールス信号変換器|ねこぐらまー|note

モールス 信号 変換

モールス(CW)通信の練習に励んでいるというハムにお勧めのソフトを紹介しよう。 JH1LHV・千葉敬也氏が開発した、CW訓練ソフト「Lerning Morse」とCW技能向上訓練ソフト「CW MANIA」の2つだ。 どちらも任意の文字(欧文、和文)などを入力すると、モールス信号に変換して音を鳴らしてくれる。 再生スピードはもちろん、周波数、文字間スペースなども任意に調整できる。 フリーソフトだから気軽に体験できるのも嬉しい。 スピードを変えて、初心者がモールス習熟度を見極めるにも便利かもしれない。 符号を覚えたら、受信してモールスに耳を慣らすことから始めたい。 JH1LHV・千葉敬也氏が開発した、CW訓練ソフト「Lerning Morse」とCW技能向上訓練ソフト「CW MANIA」は、初心者のモールス通信の上達を目的に登場したフリーソフトだ。 「Lerning Morse」「CW MANIA」とも基本的な仕様は同じ。 例えば欧文の場合、欧文ニュースサイトなどの記事をコピーで、ボックスにペースト(貼り込む)して再生すればモールス信号が流れ出す。 和文の場合はふりがな(ルビ)に変換できるウェブサイトを経由させてニュース記事などコピーして同様に再生させてみる。 CW訓練ソフト「Lerning Morse」。 和文のカタカナに任意でチェックを入れて、ランダムに再生してみた とくに「CW MANIA」の方は過去の「CQ WW DX CONTEST」のデータを基に、練習モードを「ランダム」にして再生すると、コールサインがランダムに再生されるのはもちろん、実際の通信のように再生される信号のトーンも変わるというすぐれものだ。 CW技能向上訓練ソフト「CW MANIA」。 左が「Call Sign受信」モード。 右が「平文受信」モードの画面 マニュアルは用意されていないが、シンプルで直感的に操作できるから、実際に触ってみて体験してみてはいかがだろうか。 千葉氏のブログ「JH1LHVの雑記帳-和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳-」では、ソフトを改良している様子や、「遠隔電鍵操作プロジェクト」など、興味のある実験を日々続けている様子がわかる。

次の

Vector: トップ / ダウンロード / WindowsMe/98/95用ソフト / 家庭&趣味 / アマチュア無線 / モールス符号

モールス 信号 変換

CSGAdventCalendar 9日目 最近ラズパイを使って変換器を作ったので、備忘録。 概要 入力した文字列をモールス信号に変換、それをのLEDを光らせて遊びました。 その際にpykakasiとを使ってを組んだので備忘録です。 のも載せておきます。 環境は, python3. 2です。 モールス信号とは 文字や記号を表象する方法のひとつ。 電信による伝達を目的として発明され、短点とその3倍の長さを持つ長点の組み合わせにより文字や記号を表す。 を基礎とした国際モールス信号の他、モールス信号のように各国の文字に対応したモールス信号が考案されている。 みなさんご存知 SOSのあれです。 日本語やアルファベットを「トン」「ツー」の二つの記号で表すことができます。 そんなモールス信号にもいくつかのルールがあります。 長点1つは短点3つ分の長さ• 文字と文字の間には短点3つ分をあける• 単語と単語の間には短点7つ分あける この他にも SOSは例外的に連続して打つなどルールはありますが、 今回は上記の3つをルールを中心にしていきます。 やるべきこと 目標は日常的にで書いている文章をモールス信号に変換できるようにすることです。 そのためにはやるべきことがいくつかあります。 漢字をひらがなにする(漢字は変換できない)• pykakasiを使って変換する• 自動的に単語で区切る(普通文章を書くときに単語では区切らない)• を使ってで単語ごとに区切る• 変換のための条件分岐をひたすら書く pykakasi pykakasiは日本語の漢字仮名交じり文を平仮名やローマ字綴りの文に変換するプログラム KAKASIのバージョンです。 pipでインストールしてください。 setModeの引数で変換の形を決めることができます。 setMode "K", "H" カタカナをひらがなに k. do pic print pic ほんじつはせいてんなり インストールや使い方はに載っています。 はのエンジンです。 を選んだ理由は下記の二つです。 各種でされていること• 他のエンジンより高速であること を使い、入力された文章を自動で単語に区切ります。 (正確にはは文章をで区切るので、単語では区切りません。 ) インストールは本体とその辞書、そしてでしたライブラリを入れます。 実際に使ってみる 上記のpykakasiとを使った変換器が下記のコードになります。 import morseはWeb上にあったモールス信号のコンバータを改変したものです。 コードはにあります。 join pic. setMode "K", "H" カタカナをひらがなに k. s2m c return ans これを下記のように実行させます。 convert txt print txt すると下記のようにちゃんと変換できているのがわかります。 -・・ ・-・-・ --・-・ ・・ ・--・ -・・・ ・---・ ・- ・-・-- ・-・-・ ・-・ --・ 後は、文字列で条件分岐をして光らせるなり音を鳴らす等すれば、完成です。 RaspberryPi LED発光のサンプル import RPi. setmode GPIO. BCM GPIO. setup 23, GPIO. OUT GPIO. output 23, GPIO. HIGH time. sleep sec GPIO. sleep sec pass for c in call. pykakasiのwakatiを使えばは必要なかったのですが、勉強のために色々触ってみました。 テキスト処理はしっかりしてるはずなので次はこれをのSkillと組んで遊びたいです。 wisteria30.

次の

DigitalSoundCW

モールス 信号 変換

CSGAdventCalendar 9日目 最近ラズパイを使って変換器を作ったので、備忘録。 概要 入力した文字列をモールス信号に変換、それをのLEDを光らせて遊びました。 その際にpykakasiとを使ってを組んだので備忘録です。 のも載せておきます。 環境は, python3. 2です。 モールス信号とは 文字や記号を表象する方法のひとつ。 電信による伝達を目的として発明され、短点とその3倍の長さを持つ長点の組み合わせにより文字や記号を表す。 を基礎とした国際モールス信号の他、モールス信号のように各国の文字に対応したモールス信号が考案されている。 みなさんご存知 SOSのあれです。 日本語やアルファベットを「トン」「ツー」の二つの記号で表すことができます。 そんなモールス信号にもいくつかのルールがあります。 長点1つは短点3つ分の長さ• 文字と文字の間には短点3つ分をあける• 単語と単語の間には短点7つ分あける この他にも SOSは例外的に連続して打つなどルールはありますが、 今回は上記の3つをルールを中心にしていきます。 やるべきこと 目標は日常的にで書いている文章をモールス信号に変換できるようにすることです。 そのためにはやるべきことがいくつかあります。 漢字をひらがなにする(漢字は変換できない)• pykakasiを使って変換する• 自動的に単語で区切る(普通文章を書くときに単語では区切らない)• を使ってで単語ごとに区切る• 変換のための条件分岐をひたすら書く pykakasi pykakasiは日本語の漢字仮名交じり文を平仮名やローマ字綴りの文に変換するプログラム KAKASIのバージョンです。 pipでインストールしてください。 setModeの引数で変換の形を決めることができます。 setMode "K", "H" カタカナをひらがなに k. do pic print pic ほんじつはせいてんなり インストールや使い方はに載っています。 はのエンジンです。 を選んだ理由は下記の二つです。 各種でされていること• 他のエンジンより高速であること を使い、入力された文章を自動で単語に区切ります。 (正確にはは文章をで区切るので、単語では区切りません。 ) インストールは本体とその辞書、そしてでしたライブラリを入れます。 実際に使ってみる 上記のpykakasiとを使った変換器が下記のコードになります。 import morseはWeb上にあったモールス信号のコンバータを改変したものです。 コードはにあります。 join pic. setMode "K", "H" カタカナをひらがなに k. s2m c return ans これを下記のように実行させます。 convert txt print txt すると下記のようにちゃんと変換できているのがわかります。 -・・ ・-・-・ --・-・ ・・ ・--・ -・・・ ・---・ ・- ・-・-- ・-・-・ ・-・ --・ 後は、文字列で条件分岐をして光らせるなり音を鳴らす等すれば、完成です。 RaspberryPi LED発光のサンプル import RPi. setmode GPIO. BCM GPIO. setup 23, GPIO. OUT GPIO. output 23, GPIO. HIGH time. sleep sec GPIO. sleep sec pass for c in call. pykakasiのwakatiを使えばは必要なかったのですが、勉強のために色々触ってみました。 テキスト処理はしっかりしてるはずなので次はこれをのSkillと組んで遊びたいです。 wisteria30.

次の